観光

旭川空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?

旭川空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?
Pocket

北海道には人気のエリア・観光スポットが数多くありますよね。

また、一年を通して楽しめるというのも北海道の魅力の1つではないかと。

そんな北海道、どの時期にどこに行こうかと考えているだけでも楽しくなってきたりも。

その中で人気のエリアの1つに旭川のエリアがあるのではないでしょうか。

旭川と言えばやはり旭山動物園であったり富良野や美瑛などがあり人気のエリアですよね。

夏の時期には特に人気だったりしますが、実は冬も注目だったりします。

例えば旭山動物園では冬の積雪時に『ペンギンの散歩』などが見られたり。

美瑛の青い池では冬場はライトアップが行われたりと見所が多いのも特徴。

そんな旭川エリアの冬の観光に行こうと思う際に便利なのはやはり旭川空港。

旭川空港は旭川の中心にも比較的近く、富良野・美瑛などへのアクセスも良いのが特徴だったりします。

しかし、冬の北海道の空港はどうしても気になる事があったりしますよね。

北海道の冬と言えばやはり雪、これが原因で帰れない時があったらどうするか?という点ではないでしょうか。

旭川空港は便利かもしれませんが欠航確率が高ければやはり利用を控えようかなとも思ってしまいますよね。

そこで今回は旭川空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?をご紹介したいと思います。

\最大88%OFF国内航空券販売中/
>>エアトリで予約する<<

 

旭川空港の雪での欠航確率は?

旭山動物園に富良野や美瑛など人気の観光スポットも多い旭川のエリア。

そんな旭川エリアの観光に便利なのがやはり旭川空港。

やはり人気のシーズンは夏かもしれませんが、冬も注目のシーズンでもあったりします。

しかし、冬の北海道の空港を利用する際に気になるのはやはり雪での欠航確率ではないでしょうか。

天候の事なのでこればっかりはどうしようもない部分もありますが、帰れないという状況だと折角の旅行が・・・。

では、旭川空港の雪での欠航確率はどれ位なのでしょうか?

ちなみに、旭川空港ですが就航率はなんと99.1%もあり1年に3本~4本のみ欠航がでるそうです。

この数字は驚きですよね。

旭川と言えば北海道の中でも丁度真ん中位の場所にあり、冬は雪が多いのではないか?というイメージも。

そんな旭川にある旭川空港では1年を通してほとんど欠航がない空港となっています。

10年間の平均でも3.4便しか欠航していないそう。

欠航が冬でもほとんど出ない理由の1つとして旭川空港には精鋭除雪部隊「WAX WINGS(ワックスウイングス)」という部隊。

この部隊のメンバーは実は

  • 旭川市
  • 美瑛町
  • 東川町
  • 東神楽町

こういった近隣の市町村の農家の方で構成されているそうです。

積雪時には飛行機が運航される前の夜明け前、午前4時から6時のまだまだ暗い時間から滑走路の除雪を開始するそうです。

そして安全に飛行機が運航出来るように滑走路の舗装面が黒い状態(ブラックトップ)まで徹底的に除雪を行います。

除雪には大型の除雪機で行われるので高い技術であったりチームワークが必要となります。

こういった方々の努力によってこの高い就航率を維持されているのが旭川空港の最大の特徴だったりします。

また、北海道中の空港で最も欠航しない空港と言えばこの旭川空港と言えるかと思います。

 

旭川空港が雪で帰れない時はどうする?

1年を通して3本~4本程度しか欠航しない旭川空港。

北海道内で最も欠航しない空港と言えるかもしれません。

しかし、その1年の中の3~4本に運が悪く?当たってしまって帰れないという場合もあったりしますよね。

では、そういった際にはどうするのが良いのかいくつかご紹介したいと思います。

 

他の空港を利用する方法

まず、一番最初に思いつく方法はこの他の空港を利用できないかという事ではないでしょうか。

なるべく少しでも早く帰りたいと思いますからね。

旭川空港の近隣の空港ですが

  • 新千歳空港
  • 帯広空港

この2カ所になると思います。

まず、新千歳空港ですがアクセス方法は札幌経由になりますがJR若しくは高速バスを利用する方法があります。

札幌方面へのアクセスがある場合であれば新千歳空港は運航本数の多い空港でもありますので新千歳空港へ向かうという方が良いでしょう。

次に帯広空港の場合ですが、こちらは高速バスになります。

札幌方面へのJRや高速バスが利用できない際には帯広空港を利用するという選択肢があります。

しかし、札幌方面へのアクセスができない天候であれば帯広方面へのアクセスが難しいかもしれません。

 

別日に振り返る

札幌や帯広方面へ移動が出来ない場合、別の日に振り返るという選択肢になるのではないでしょうか。

旭川空港ですが時期にもよりますが運航本数ですが1日7本程度となっています。

運航本数が少なめという事は別の日に振り返る人も多くなれば航空券が取りにくいという状況になったりもします。

この場合は一刻も早く航空券を確保するようにした方がいいでしょう。

宿泊先については旭川はかなり多くありますのでそこまで急がなくても大丈夫だと思います。

\最大88%OFF国内航空券販売中/
>>エアトリで見る<<

 

まとめ

今回は旭川空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?をご紹介させていただきました。

冬の旭川エリアは魅力のある場所が多かったりします。

先にご紹介した旭山動物園もそうですが冬の青い池であったり層雲峡なども見所のスポット。

層雲峡では毎年1月末から3月まで『層雲峡温泉氷瀑まつり』など行われていたりもします。

冬の北海道は魅力も多いですが、どうしても雪での欠航確率が気になってしまいますよね。

帰れない時はどうするか、どうしてもこの事が頭によぎってしまったり。

しかし、旭川空港は99%以上の就航率を誇る空港。

それだけでも驚きですがそれを支えているのが近隣の市町村の農家の方という事にも驚きですよね。

旭川空港だけでなく、他の空港もそうですが毎日早朝から安全に運航できるように尽力されているのは本当に頭が上がりませんね。

こういった方のおかげっもあって魅力の多い冬の北海道を楽しむ事ができたりもします。

帰れない時を心配してしまいがちですが、魅力の多い冬の北海道を旅行してみてはどうでしょうか。

\最大88%OFF国内航空券販売中/
>>エアトリで探す<<

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。