グルメ

旭川大黒屋は芸能人が良く来るジンギスカン店?待ち時間&混雑時間も徹底調査!

旭川大黒屋は芸能人が良く来るジンギスカン店?待ち時間&混雑時間も徹底調査!
Pocket

北海道には人気の観光地は沢山あり、どこも魅力的でいつもどこに行こうか迷ってしまいます。

そんな人気の観光地の1つに旭川があると思います。

北海道でもほぼ中央にあり、人気のスポットも多いですね。

そして外せないのがやはりグルメではないでしょうか。

美味しいグルメはありますが、やはり北海道に行った際に食べたいと思うのは『ジンギスカン』ではないでしょうか。

そんな美味しいジンギスカンを楽しめるお店の1つとして大黒屋さんがあります。

人気のジンギスカン店大黒屋さんですが、芸能人も訪れるという話も。

しかし、それほど人気のお店行ってみたいと思った際に気になるのは待ち時間や混雑時間ではないでしょうか?

そこで旭川大黒屋は芸能人が良く来るジンギスカン店?待ち時間&混雑時間も徹底調査をご紹介したいと思います。

 

旭川大黒屋は芸能人が良く来るジンギスカン店?

地元でも人気の大黒屋さんですが、いつも行列ができています。

そんなお店ですが芸能人も良く来るという事もあります。

飲食店には芸能人が訪れた際に良くサインが飾られている事が多いですよね。

大黒屋さんの壁には一面にびっしりと芸能人の色紙が。

その光景はまさに圧巻です。

しかし、それほど多くの芸能人が来ている大黒屋さんですが少し気になるのは構造で座席などではないでしょうか。

例えば、札幌でジンギスカンで有名なだるまさんでは基本カウンター席となっています。

そんなスタイルであれば他のお客さんと一緒にロケとなると混雑するのでは・・・。

また、プライベートであればそれこそ混乱する可能性も。

そう考えるとやはり『個室』があるのではないか?と思いますよね。

ちなみに、大黒屋さんでは個室はあるそうです。

他にも『テーブル席』や小上がりになっている『座敷席』もあります。

個室で楽しみたいという場合は、事前に予約して行く方がいいですね。

成吉思汗 大黒屋 五丁目店
住所 旭川市4条通5丁目3・4仲通
営業時間
平日 17:00~22:00(LO21:30)
土日祝 16:00~22:00(LO21:30)
営業時間 4月29日~5月8日
16:00~22:00(LO21:30)
定休日 不定休

 

大黒屋に行列ができるのはメニュー?

行列ができる大黒屋さんの理由は何があるのでしょうか?

その理由の1つに『生ラム』が食べられるという点があるのではないでしょうか。

大黒屋さんでは肉厚で柔らかい生ラムが食べられます。

ラムは『仔羊』の肉となりますので、柔らかいというのが特徴。

美味しいラムを楽しむ事ができますがその中でもやはり、一番人気は『肩ロース』ではないでしょうか。

羊の肉と言えばやはり独特の臭みが気になったりもしますよね。

しかし、ラムの場合はクセも少なく食べやすいという特徴もあります。

特に新鮮なラム肉はクセも少ないので始めて食べるという方でも食べやすいと思います。

大黒屋さんではタレは後から自分で付けて食べるというタイプになりますが、お肉の臭みは気にならないのが良いですね。

特性のタレで柔らかいラムを食べるのも勿論美味しいのですが、ハーブタレがかかっている『ハーブ肩ロース』もおすすめ。

特性のタレで食べるラムとハーブタレがかかっているラムと食べ比べをするのも良いですね。

次に、お値段がリーズナブルで生ラムを楽しめるというのが良いですね。

ジンギスカンを食べに行こうと思うと結構費用がかったりするという場合もありますよね。

お肉の単価が高かったりするとそれも仕方がないかなと思ってしまいます。

一番人気の『肩ロース』で1人前770円という価格となっています。

他では1,000円近くなるお店もある事からこちらではお値段がリーズナブルではないでしょうか。

こういった点が人気の理由かもしれませんね。

メニュー(税込)
肩ロース 770円
ランプ 770円
ハーブ肩ロース 880円
ラムタン 880円
ヒレ 990円
厚切りラック(数量限定) 990円
T-BONEステーキ 880円
羊のソーセージ2種 550円

 

 

旭川大黒屋の待ち時間&混雑時間は?

人気の大黒屋さんですが、いつも並んでいる印象があります。

そうなるとやはり気になるのは待ち時間ですよね。

では、大黒屋さんではどれ位の待ち時間を考えておけば良いのでしょうか?

大黒屋さんでは行く時間帯にもよりますが、普段の平日でも1時間~1時間30分は考えておいた方が良いかもしれません。

夏休みのシーズンや土日であればやはり2時間近くは考えておいた方がいいでしょう。

ちなみに、これは『予約なし』で行く場合の時間なので待ち時間が気になる場合は事前に予約しておくというのがおすすめ。

私は以前、夏休みのシーズンに行きましたが、平日で18:30頃に到着しました。

予約は無しで入れたのが20:00時過ぎでしたのでやはり1時間30分は待っていたという事がありました。

しかし、前にずっと立って並ぶという事はありませんでした。

混雑時にはまず整理券が配られ、その番号で呼ばれる事となりますので、前に列をなして並んでいるという事はないです。

また、斜め向かいに『待合室』がありますのでそちらで待つという事もできます。

列にずっと並んでいなければいけないとなると自販機に飲み物を買いに行ったりという事もできないので、これはありがたいシステムではないでしょうか。

しかし、店員さんは『待合室』や『お店の前』で番号を呼んではくれますが聞こえないとダメなのであまり遠くに行くというのは控えた方がいいでしょう。

 

大黒屋の混雑時間は?

地元でも人気の大黒屋さんですが、混雑する時間帯は何時位なのでしょうか?

その日やシーズンによっても変ると思いますが、実際に一番混雑する時間帯『19:00~20:00』頃ではないでしょうか。

まず、大黒屋さんの営業時間ですが平日は17:00~22:00(LO21:30)となっています。

その為、やはり開店直後の時間帯『17時台』は空いていると考えられます。

また、大黒屋さんでは1階・2階に座席があるので座席数は多いという事もあります。

その事から、開店直後の時間帯はあまり混雑する事は少ない推定されます。

そして、席が段々埋まって行くのが18時を過ぎてからではないでしょうか。

平日はやはり『仕事帰り』という点があげられます。

これはどこの地域でも同じかもしれませんが、やはり18時を過ぎると電車などでも会社帰りの方を良く見かけますよね。

そういった方がお店に訪れだし、増えて行くのが18時台だと考えられます。

そして、やはりピークは19:00~20:00頃になるのではないでしょうか。

この時間以降は徐々に減っていくと推定されます。

例えば、仕事帰りにふと行こうと思った際に到着が20時過ぎになり、待ち時間が長ければどうでしょう?

仕事で疲れている上に長い待ち時間を待っても食べようと考えるか、また別の機会にするかと考えませんか?

仕事帰りに来れるというのであればタイミングはいつでもあると考えられるので、別のお店に行こうと考える方は多いのではないでしょうか。

そう考えると遅めの時間は『既に待っている方』『予約をしている方』が多いと考えられます。

その日の状況にもよって変ってくるとは思いますが、予約無しで行くのであれば『開店直後の早めの時間帯』若しくは『遅めの時間帯』がいいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は旭川大黒屋は芸能人が良く来るジンギスカン店?待ち時間&混雑時間も徹底調査をご紹介させて頂きました。

私は以前、夏休みの期間に知人と知人の子供さんを大黒屋さんに連れて行ってあげた事がありました。

この日は夕方から雨になっていたので混雑時間でもそれほど待ち時間がなかったとのかもしれませんが、やはり1時間半は待っていました。

2人ともジンギスカンは始めてという事もあり、好みもあったりするのでどうかな?と思っていました。

しかし、お肉はあまり臭みもないという事もありとても気に入ってくれました。

始めて食べたが不味かった・苦手だったとなるとその後も苦手になってしまう事もあったので、安心しました。

また、壁に貼られていた芸能人のサイン色紙などは驚いていたというのが印象でした。

味の好みは人によるかもしれませんが、始めてジンギスカンを食べるという方でも大黒屋さんは満足できるおすすめのお店だと思います。

旭川に訪れた際は、一度大黒屋さんでジンギスカンを味わってみてはどうでしょうか。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<