グルメ

北海道富良野福寿司のジャンボ握り値段は高い安いどっち?おすすめメニューもご紹介!

北海道富良野福寿司のジャンボ握り値段は高い安いどっち?おすすめメニューもご紹介!
Pocket

北海道はグルメの宝庫ですよね。

美味しい物が数多くあり、どこにいっても美味しい物だらけで困ってしまいます。

北海道に行ったらこれは食べたいというグルメがあるのではないでしょうか。

そんな数あるグルメの中でも北海道と言えば海鮮という事で海鮮丼やお寿司を食べたいと思う方もおられるのではないでしょうか。

そんな美味しいお寿司を食べられるお店は沢山あり、人気のお店は数多くあります。

その1つに富良野にある福寿司があります。

この福寿司のジャンボ握りが人気という事もあり、多くのTVであったり有名人が訪れるというお店となっています。

しかし、有名人が多く訪れるお店であったりお寿司屋さんってやはり気になるのは値段が高い安いのかどっちか気になりますよね。

また、美味しくて安いメニューであったりおすすめメニューも気になったりもします。

そこで今回は北海道富良野福寿司のジャンボ握り値段は高い安いどっち?おすすめメニューもご紹介したいと思います。

 

北海道富良野福寿司のジャンボ握り値段は高い安いどっち?

北海道の富良野の人気のお店『福寿司』のジャンボ握り、お寿司屋さんという事もあって値段が気になりますよね。

いくら美味しいと評判でもあまりにも高いとちょっと手が出ないという場合もあります。

では、まずは福寿司のお寿司のメニューを見てみる事にしましょう。

福寿司でのお寿司のメニューは次の通り。

メニュー例
盛り合わせ鮨 1,300円
並生鮨 1,400円
中生鮨 1,700円
上生鮨 2,000円
特上生鮨 4,800円

他にもメニューがありますが、お寿司のメニューを抜粋させて頂きました。

そこでまず、気になる点が『ジャンボ寿司』というメニューはありませんよね。

どういう事?と思われるかもしれませんが、実は上記などのお寿司を注文すると『サイズ』を聞いてくれます。

「大きいの」と「小さいの」どちらかを聞かれた際に小さい方を選べば通常サイズ。

大きい方を選べば『ジャンボサイズ』のお寿司を楽しむ事ができます。

しかし、大きい方を選んだら値段が変わるんじゃないの?と思いますよね。

よく飲食店では『大盛り』にすると料金が上がってしまうように『大きいサイズ』も同じかな?と思ってしまいます。

しかし、この福寿司では大きい方、つまりジャンボにしても値段は変わらないというのが最大の特徴となっています。

その時の満腹具合にもよりますが値段が変わらないので基本はジャンボにする方が良いと思います。

このジャンボ寿司ですが大きさは1個が「10cm×4cm」位のサイズなので結構大きめではないでしょうか。

お値段変わらず、食べ応えがあるというのも人気の秘密かもしれませんね。

そして、もう1点気になる点もありますよね。

メニューには『○生鮨』となっている点です。

握り寿司なので『生』でしょ?生じゃないお寿司が他にあるの?と思う方もいるのではないでしょうか。

北海道では生の魚のネタで握った寿司を生寿司(なまずし)と呼ぶらしいです。

そういった事からメニューには『○生鮨』となっていますが、一般的な握りの寿司の事なので安心して下さいね。

肝心の値段ですが、無料でジャンボサイズにできるという点を差し引いてもこの価格は安いのではないでしょうか。

他のエリアでお寿司を食べようと思っても、お店にはよると思いますがやはり最低でも2,000円位はかかったりしますよね。

そう考えると普通のサイズでも安いと思います。

しかも、そこに無料でジャンボサイズにもできるという事であれば尚更お得ではないでしょうか。

福寿司
住所 富良野市朝日町1-24
電話番号 0167-23-2617
営業時間 11:00~21:30
定休日 月曜
座席数 76席

 

北海道富良野福寿司のおすすめメニューは?

お値段据え置きでジャンボサイズにもできる福寿司ですが、おすすめのメニューはどうなのでしょうか。

まず、やはりジャンボサイズにもでできる『○生鮨』ではないでしょうか。

並・中・上では各値段差は300円となっています。

これはネタによってメニューが変わるからという事です。

その為、食べたいネタが多い物を選択するのが良いかと思います。

ちなみに、上生鮨には『イクラ・数の子』などが入っていいるのでお得かもしれませんよ。

メニュー例
盛り合わせ鮨 マグロ・タコ・イカ・甘エビ・巻物✕2
並生鮨 マグロ✕2・タコ・イカ・甘エビ
しめ鯖・白身・とびっこ
中生鮨 マグロ・白身・赤貝・ホッキ
ホタテ・サーモン・甘エビ・とびっこ
上生鮨 マグロ・ホッキ・ホタテ・サーモン
数の子・ボタンエビ・トビッコ・いくら
特上生鮨 ハマチ・ホタテ・ホッキ・ズワイガニ
数の子・ボタンエビ・いくら・うに

『○生鮨』ではサイズをジャンボにする事ができます。

しかし、サイズは普通で良いかな?色々なネタを楽しみたいなという方であれば『ちらし』にするのもおすすめ。

例えば、『並ちらし』であれば『並生鮨』のネタにプラスして『ホタテ・たまご・あなご』が入ってきます。

値段についても並生鮨が1,400円に対して1,600円と200円しか変わらないという点です。

これはかなりお得ではないでしょうか。

メニュー例
並生ちらし マグロ✕2・タコ・イカ・甘エビ
しめ鯖・白身・とびっこ
ホタテ・たまご・穴子
1,600円
中生ちらし マグロ・白身・赤貝・ホッキ
ホタテ・サーモン・甘エビ・とびっこ
ハマチ・たまご・穴子
1,900円
上生ちらし マグロ・ホッキ・ホタテ・サーモン
数の子・ボタンエビ・トビッコ・いくら
ハマチ・たまご・穴子
2,300円
特上生ちらし ハマチ・ホタテ・ホッキ・ズワイガニ
数の子・ボタンエビ・いくら・うに
サーモン・たまご
5,200円

 

まとめ

今回は北海道富良野福寿司のジャンボ握り値段は高い安いどっち?おすすめメニューもご紹介させて頂きました。

北海道では本当に美味しいグルメを各地で楽しむ事が出来て本当に良いですね。

その中でも富良野福寿司は人気のお店の1つではないでしょうか。

しかし、ジャンボ握りにしても値段が通常と変わらないというのは驚きですね。

お寿司屋さんってどうしても値段が高いイメージがあるので安いのは本当に嬉しい限り。

お寿司以外にもちらしもお値段以上にお得なのでどっちにしようか迷ってしまいます。

また、福寿司は多くの有名人の方が来たり、TVにも取り上げられる人気のお店となっていますので多くの方のサインが並んでいたりもします。

おすすめのメニューも他にも沢山あるので、富良野観光の際には一度訪れてみてはどうでしょうか。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

また、価格・メニューは変更になっている場合がありますので実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。