観光

函館初日の出2023スポットでおすすめ場所どこ?行くのは何時からが良いかも徹底調査!

函館初日の出2023スポットでおすすめ場所どこ?行くのは何時からが良いかも徹底調査!
Pocket

1年の始まりのお正月。

毎年、お正月が近づくとなんだかバタバタしてしまったりしますよね。

そして気がついたらいつの間にかお正月という事もしばしば・・・。

そんなお正月ですが、ただ忙しいという訳でもなく色々楽しみにしているという事も多いのではないでしょうか。

初詣に行ったり、のんびり過ごしたり、初売りに行ったりなど実に様々。

そんな中でお正月には毎年初日の出を見に行こうと思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな初日の出ですが、毎年同じ場所から見る方、2023年はどこに見に行こうかなと思う方もいるのではないでしょうか。

特に北海道内はとても広いので日の出を見るおすすめのスポットも数多く存在したりもしますよね。

色々、有名な場所もありますが北海道の観光地の中でも特に人気の場所と言えばやはり函館ではないでしょうか。

夜景でも有名な函館なので朝日を綺麗に見るおすすめの場所がどこか探せば沢山ある様な感じがしますよね。

また、同じ見に行くのであれば何時から行くのが良いのかも気になったりもします。

そこで今回は函館初日の出2023スポットでおすすめ場所どこ?行くのは何時からが良いかも徹底調査!をご紹介したいと思います。

ちなみに日の出など見に行った際にはスマホで写真撮影などする方は多いですよね。

折角撮影した写真をそのまま置いておくのも良いですが折角の思い出をそのままにしておくのは勿体ないかと。

そうった際に便利なのが『プリントスクエア』というアプリ。

このアプリ、無料で利用できるという事でもありますが実は月10枚迄無料で印刷注文が可能。

簡単にオリジナルのアルバムの作れるので記念にオリジナルのアルバムも作ってみてはどうでしょうか。

\無料アプリで毎月10枚無料/プリントスクエア>>プリントスクエアで印刷する<<

 

函館初日の出2023スポットでおすすめ場所どこ?

1年の始まりと言っても良い初日の出。

同じ日の出と言ってもこの日だけはなんだか少し特別な感じもしたり。

そんな初日の出なので毎年見に行く方、今年は見に行きたいと思っている方など様々だと思います。

では、そんな初日の出を函館で見るのであればおすすめのスポットはどこなのか気になりますよね。

そこで函館で初日の出を見るおすすめのスポットを調べてみましたのでご紹介したいと思います。

 

大森海岸

大森海岸ですが、こちらは函館駅から東に行った所にある海岸となっています。

初日の出を見ようと思ったらやはり標高の高い場所であったり、海岸線などが候補になるのではないでしょうか。

この大森海岸はJR函館駅からも徒歩でも約15分と比較的近いという特徴があります。

やはりどこかに出かける際にアクセスが良いというのはやはり一番のメリットになると思います。

また、この大森海岸ですがアクセスが良いという他に『大森稲荷神社』があるもの特徴。

初日の出を見た後に初詣に一緒に行くという事ができるというのもおすすめのポイントだったりします。

 

恵山岬灯台

次にご紹介するスポットは恵山岬灯台です。

函館と一言でいっても範囲は広く、函館の中心からは結構離れた位置にあり函館でも一番東にある地域と言っても良いのではないでしょうか。

この恵山岬灯台からは太平洋を見渡す事ができ。目の前を遮る物がないという場所でもあったりします。

とても綺麗な公園で夏場などのシーズンもとても綺麗な景色が見られるのですが観光客も少なめの場所で穴場だったりもします。

函館の中心部からは離れていますのでアクセスは車にはなりますが穴場のスポットの1つだと思いますよ。

 

道の駅 なとわ・えさん

初日の出を見に行こうと思った際に気になる点っていくつかあったりしますよね。

その中の1つにやはり寒さが気になるという方もいるのではないでしょうか。

真冬の早朝という事もあるので寒かったりすると冷えてしまったりしますのでトイレに行きたくなったりも。

そういった事が気になるとなかなかな初日の出を見に行こうと思っても躊躇してしまいがち。

しかし、そういった方におすすめなのが道の駅だったりします。

道の駅とはいってもお店などの営業は勿論していませんがトイレなどの設備はしっかりしており使いやすかったりします。

また、駐車場も広めという道の駅も多いので車の中で少し待機する事ができるので暖をとる事も可能。

また、北海道内には約130以上もの道の駅があり、ロケーションが良い場所が多い特徴のあります。

その1つに『道の駅 なとわ・えさん』があります。

道の駅の裏は海岸になっており、また東向きの海岸となっているので日の出を見るのにも最適だったりします。

海岸線からは目の前を遮る物はなく、また恵山が綺麗に見える場所でもあるので初日の出を見るのにもおすすめのスポットの1つではないかと思います。

 

立待岬

次にご紹介するのは『立待岬』です。

函館山の東側に位置し、市電の始発着駅『谷地頭』から少しいった場所となります。

函館市内でもかなり南に位置している事もあって天気の良い日には津軽海峡を挟んで青森まで見えたりもします。

この立待岬からも朝日が綺麗に見えるというスポットなので初日の出を見るのにもおすすめの場所ではないでしょうか。

しかし、注意しなければいけないのがアクセスで、こちらの立待岬までですが冬期は車で行くことが出来ません。

その為、谷地頭から徒歩になってしまいますが、その分穴場とも言えるのではないでしょうか。

 

函館山

函館と言えばやはりここ、函館山ではないでしょうか。

日本三大夜景とも言われる程の綺麗な夜景を見る事ができるという事もあり、函館に行ったら必ず行きたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そんな函館山からの夜景はとても素晴らしいのですが、実は函館山は早朝も穴場のスポットでもあったりします。

函館山ですが、函館山ロープウェイを使って山頂に行くという方がほとんどだと思います。

しかし、夏場ですが夜間の遅めの時間であったり早朝の時間であれば車で山頂に行くことができます。

その事から夏場の早朝も函館山は穴場のスポットだったりします。

しかし、冬期は山頂までの道は冬期通行止になっていますので車で山頂に行く事ができませんので函館山ロープウェイを利用する事になります。

とはいっても、函館山ロープウェイは営業時間もあるので初日の出を見に行く事ができるのか?と思いますよね。

函館山ですが、残念ながら初日の出を見るのは難しい思われます。

先に記述しましたが、まず冬場は車で山頂に行くことはできません。

また、函館山ロープウェイを利用する事になりますが早朝の営業は行っていない模様。

その事から函館山の山頂から初日の出を見ようと思うと歩いて登らないと行けないという事になります。

函館山はそこまで標高が高い山ではありませんが、暗い夜に登るのはかなり危険なのでやめた方がいいでしょう。

しかし、初日の出は見る事はできませんが大晦日~正月については営業時間の延長はあるそうです。

  • 2022年12月31日10:00〜2023年1月1日1:00(最終上り乗車:0:30)

初日の出は見れませんが、山頂で夜景をみながらカウントダウンを楽しむという事はできそうなのでご紹介させていただきました。

 

函館初日の出2023スポットに行くのは何時からが良い?

1年の始まりのお正月に最初の日の出を毎年見に行く方は多いと思います。

また、毎年は行っていないが今年は是非見に行ってみたいと思う方もまた多いのではないでしょうか。

実際に見に行こうと思った際に気になるのはやはり時間ではないでしょうか。

何時に見に行けば良いか気になってしまいますよね。

では、函館で初日の出を見に行くのであれば何時に見に行くのが良いのでしょうか?

まず、函館の日の出の時間ですが『7時4分頃』の予定となっています。

その事から日の出の時間の約30分前位に現地に到着するようにすれば良いと思われます。

先にご紹介した場所pですが特に営業時間等の制限がある場所はありません。

そうった事からも混雑して時間がかかるという事はおそらく無いと思いますのであまり早く行く必要がないと考えられるからです。

ただ、移動距離が長くなるのであれば少し余裕を持って行った方が良いかもしれませんね。

例えば恵山岬灯台であればJR函館から車で約1時間10分かかる計算となります。

冬の早朝、路面が凍結していたりもしていたり、途中コンビニなどで温かい物を購入したりという事を考える方も。

そういった時間を計算にいれた方が良いかと思いますので移動距離が少し長めになるようであればその分余裕を持って行ってはどうでしょうか。

\無料アプリで毎月10枚無料/プリントスクエア>>プリントスクエアで印刷する<<

 

まとめ

今回は函館初日の出2023スポットでおすすめ場所どこ?行くのは何時からが良いかも徹底調査!をご紹介させて頂きました。

函館は夜景もとても綺麗なので初日の出スポットでおすすめ場所も沢山ありそうですね。

函館山なんかは夏の早朝などは穴場なので丁度良いかな?と思っていましたが、やはりロープウェイの営業時間がネックでした。

徒歩で行く事もできない事はないのですが、冬の早朝でおまけに積雪があれば慣れていないとかなり厳しいかと思います。

しかし、2022年の大晦日は遅くまで営業しているので2023年のカウントダウン+夜景という楽しみ方も良いかもしれませんね。

今回ご紹介させていただいた場所以外にも函館では多くの日の出を見るスポットがあると思います。

そういった場所がどこか探すのもまた楽しいかもしれません。

初日の出を見に行こうと思った際には何時から行くのが良いかも参考にして見て下さいね。

\無料アプリで毎月10枚無料/プリントスクエア>>プリントスクエアで印刷する<<

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<