MENU

グルメ

函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時まで?

函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時まで?
Pocket

北海道観光で人気の場所と言えば、札幌・小樽など沢山ありますよね。

人気の場所の1つとして、函館は必ずと言っていい程名前が上がってきます。

函館と言えば、函館山からの夜景であったり、朝一などが有名ですね。

また美味しいグルメも多くて色々迷ってしまいます。

しかし、函館グルメで外せないのがやはり『函館ラーメン』ではないでしょうか?

札幌の味噌、旭川の醤油、そして函館の塩は北海道の北海道三大ラーメンと言えるでしょう。

函館に行ったら是非塩ラーメンを食べたい、そう思う方も多いのでは?

ラーメン店に食べに行こうと思うとやはり700円~800円前後のお店も多いですよね。

しかし、函館でラーメンがワンコインの500円で食べられるお店があればどうでしょうか?

そんな破格の値段で美味しい函館塩ラーメンが食べられる場所があるなら、どこで営業時間は何時から何時までなのか気になりますよね。

そこで今回は函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時までかご紹介したいと思います。

 

函館でラーメンがワンコイン500円の店の場所どこ?

函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時まで?

函館でラーメンがワンコイン500円のお店って本当にあるのか、そう疑問に思ってしまいますよね。

やはり、ラーメンって食べに行くと1杯700~800円はかかるイメージです。

また、セットで注文すると、1,000円はかかるそういう印象です。

しかし、函館にはワンコインの500円でラーメンが楽しめるお店があるのです。

そこで、順番にご紹介していきたいと思います。

 

滋養軒

函館でおすすめのラーメン店と言えばこの 『滋養軒』の名前は必ずといって言い程上がってくるのではないでしょうか。

滋養軒はJR函館駅から徒歩約6分という場所にお店はあります。

お店はこじんまりとしており、少し懐かしい感じがする雰囲気のお店。

こちらのお店は観光客から地元民まで行列が頻繁にできる程の人気店となっています。

しかし、絶対に行列に並んででも食べた方が良いと言えるお店です。

特徴の1つはスープ。

こちらのお店のスープはとても澄んでおり、丼の底が見えるのではないかという位の透明感。

あまりの透明さに驚くのではないでしょうか。

しかし、透明だからと言っても味が希薄な訳ではなくあっさりはしているものの、野菜の旨味等が凝縮されています。

そして、麺は中細のストレート麺を使用しており、この麺も特徴の1つ。

麺は小麦粉・かんすい・塩・生卵のみを使用した自家製麺となっており、その日に使用する分のみ作られています。

麺のツルツル感と小麦の風味、そして透明で透き通ったスープとの相性は抜群です。

そして、何より驚きなのが値段。

こんな絶品の塩ラーメンがなんとワンコインの500円となっています。

また、醤油ラーメンについても絶品なっています。

そして、ラーメンとセットで食べたくなるのが『チャーハン』だと思います。

このチャーハンもパラパラでラーメンとの相性も抜群なので一緒に食べてみて下さい。

メニュー例
函館塩ラーメン 500円
函館醤油ラーメン 500円
チャーハン 550円

 

グリル塩豚

グリル塩豚(えんとん)は函館の中心から東にありから函館空港方面にあります。

温泉で有名な『湯川温泉』の近くです。

こちらのお店のと特徴は値段とボリュームではないでしょうか。

その代表が『8(ハチ)ランチ』979円 (税込)です。

このランチ、大きめハンバーグにベーコンや大量のミックスベジタブル。

グリルされた塩豚にポテトとそして大きいフライドレッグが。

これだけのボリュームで1,000円を切っているという破格。

そして肝心の塩ラーメンですが、なんと330円(税込)とこちらもまた破格の値段となっています。

塩ラーメンだけでは少し物足りないという事であれば『ちまき』のセット等もあります。

こちらのセットにしても605円(税込)という安さ。

ただ、安いだけ味はいまいちではないの?と思われがちですが、そんな事はありません。

スープは豚骨と鶏ガラの旨さがしっかりしてシンプルだが深い味わい。

ではサイズが小さいのか?とも思いますが、もちろん普通の1人前のサイズです。

リーズナブルでボリュームもあるので地元の方もよく通われる人気のお店となっています。

メニューが豊富なので、何を食べようか迷った時にもいいですね。

メニュー例
塩ラーメン 330円(税込)
醤油ラーメン 627円(税込)
8ランチ 979円 (税込)

 

横丁ラーメン

横丁ラーメンはJR五稜郭駅から五稜郭方面に徒歩約10分の所にあるお店。

店の外観は普通の一軒家といった感じのお店で、内装も昔ながらの食堂といった雰囲気でしょうか。

どこか懐かしい感じのお店で味わえるラーメンもまた、素朴でシンプルな味。

チャーハンも家庭的な味付けとなっており、おいしい焼き飯といった印象。

スープは透き通って旨みは凝縮されています。

麺は好みがわかれますが、少し柔らかめといった印象でしょうか。

そして、こちらでは塩ラーメンがなんと450円という価格ですが、値段は安くても、クオリティは高いそんなお店です。

最近はラーメンなども色々凝った物が多くなってきており、その分値段も高くなって来ている気がします。

シンプルでどこか懐かしい味を求めるのであれば是非ともおすすめしたいお店。

地元民に人気のお店となっており、観光客より常連客の方が多い印象です。

メニュー例
塩ラーメン 450円
醤油ラーメン 500円
チャーハン(スープ付き) 550円

 

ラーメン八戒

こちらのお店は函館の中心より東側、函館競馬場から近めの場所にお店はあります。

最寄り駅は市電『深堀駅』となっており、徒歩約10分。

お店は綺麗な一軒家、内装はシンプルな食堂といった感じの雰囲気でしょうか。

昔からあり、地元民に愛させてる街の中華食堂といった感じですね。

メニューも定番のラーメンなどが中心ですが、カレーなどのメニューもあります。

肝心の塩ラーメンですが、スープはとても澄んでいますが、鶏の旨みが凝縮されています。

麺は少し柔らかめといった印象なので、好みはわかれるかもしれません。

シンプルで素朴な味ですが、とても人気のお店となっています。

また、チャーハンや餃子なども人気のメニューとなっていますよ。

メニュー例
塩ラーメン 500円
醤油ラーメン 500円
チャーハン(スープ付き) 600円
餃子(5個) 400円

 

満腹食堂

満腹食堂は市電の『函館どっく前』駅の眼の前にあるお店となっています。

お店は昔ながらの定食屋さんといった感じの落ち着いた雰囲気でどこか懐かしい感じという印象。

こちらのお店では定番のラーメンをはじめ、チャーハンや丼物などが味わう事ができます。

ラーメンもシンプルならがらコクのあるラーメンとなっており500円で味わえます。

また、チャーハンもとても美味しいと人気がありますので、ラーメンと一緒に味わってみるのも良いですね。

コスパも良くてボリュームもあるおすすめのお店の1つですよ。

メニュー例
塩ラーメン 500円
正油ラーメン 500円
味噌ラーメン 600円
チャーハン 700円

 

中国料理 中和廊

中国料理 中和廊は函館の中心から離れており、どちらかと言えば湯の川温泉の北にあるお店となっています。

中心部からは離れている事もあり、お店には車やレンタカーで行く方が良いかもしれませんね。

住宅地の中にある昔ながらの中華食堂といった感じのお店となっています。

こちらのお店でもラーメンを500円で食べる事ができます。

昔ながらのシンプルな味でとても美味しいと人気。

そしてラーメンも人気ですが、もう1つの人気メニューが『ムースールー炒飯』です。

こちらはチャーハンの横に炒めた玉子、キクラゲ、豚肉がのったチャーハンとなっています。

普通のチャーハンだけでも十分美味しいのですが、それに加えて具の炒め物が。

別々に食べても美味しいですし、一緒に食べても美味しいというチャーハンとなっています。

地元民にも人気のお店となっていますので、足を運んでみてはどうでしょうか。

メニュー例
塩ラーメン 500円
正油ラーメン 500円
味噌ラーメン 680円
ムースールー炒飯 840円

 

おしま食堂

おしま食堂は『北海道渡島総合振興局』の中にある食堂となっています。

庁舎の食堂という事もあり、リーズナブルな料金となっているのが最大の特徴。

メニューも定番の『ザンギ定食』や『ハンバーグ定食』『カレー』などが並びます。

函館の中心からは少し離れてはいますが、庁舎という事もあり、穴場スポットかもしれません。

そんなおしま食堂では塩ラーメンが450円で食べられますので、足を運んでみてはどうでしょうか。

メニュー例
醤油ラーメン 450円
塩ラーメン 450円
味噌ラーメン 800円
ザンギ定食 550円

 

 

オリエンタルキッチンカフェ&デリ

こちらのお店は函館のベイエリアにあるお店となっています。

シスコライスで有名な『カリフォルニアベイビー』の建物と繋がっており、後ろ側にお店があります。

お店は少し小さめですが、隠れた名店と言って良いでしょう。

まず、メニューの豊富さが特徴の1つではないでしょうか。

カレーやチャーハン、かつとじ丼等のご飯物からラーメン・うどん・そば等の麺類。

グリーンカレー等のエスニック系など幅広くあります。

そして、ランチメニューはなんとワンコインの500円。

メニューはその時によって変るみたいなので、直接行ってからのお楽しみですね。

そして、塩ラーメンについては通常時で520円。

ワンコインから少しはみ出していますが、この値段は破格ではないでしょうか。

しかし、実は特別価格の際は350円という価格。

安いだけではなく、クオリティもしっかりしています。

ランチメニューが安くてボリュームもあるので、ラーメン以外でもおすすめのお店です。

また、メニューによってランチタイムはドリンクが付いてくるのも嬉しいポイント。

メニュー例
チキン唐揚げプレート 500円
函館塩ラーメン 520円
醤油ラーメン 520円
函館塩ラーメン(特別価格) 350円

 

ラーメン 豚の花道

こちらのお店はJR五稜郭の駅前にあるショッピングセンター『ポールスター』の中にあるお店となっています。

このショッピングセンターでは『月替りラーメン』という事で様々なお店が月替わりで出店しています。

この『ラーメン 豚の花道』も期間限定となりますので、注意です。

しかし、この『ラーメン 豚の花道』はとても人気のお店という事もあります。

第77弾の期間限定ラーメン店として3回目の出店。

それも2021年10月1日~2022年3月31日までのロング期間での出店となっています。

本店は札幌の白石区にあるお店となっています。

その為、人気はやはり『味噌』が人気で豚骨ベースのあっさり系の味噌ラーメンとなっています。

また味噌ラーメンでも白と赤の2種類があり、白はあっさりでクリーミーな感じの仕上りに。

赤はしっかりとした『札幌の味噌ラーメン』といった印象です。

味噌だけでなく、『炙り醤油』『あっさり純水醤油』『炙り塩』『あっさり純水塩』と各メニューがあります。

そして、なんと言っても価格でこれら全て1コインの500円となっています。

そういった点からも札幌のお店でも人気となっています。

函館は期間限定なので、注意が必要ですがタイミングがあえば是非足を運んでみるといいでしょう。

また、今回で3回も出店されているので4回目以降もあるかもしれません。

期間外でも『ポールスター』の期間限定ラーメンは注目です。

メニュー例
赤味噌 500円
白味噌 500円
炙り醤油 500円
あっさり純水醤油 500円
炙り塩 500円
あっさり純水塩 500円

 

函館でラーメンが500円のお店の営業時間は何時から何時まで?

函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時まで?

ご紹介したお店について、営業時間は何時から何時までか各店舗の情報をまとめてご紹介したいと思います。

滋養軒の店舗情報
住所 函館市松風町7-12
営業時間 11:30~14:00
17:00〜19:00
※麺とスープがなくなり次第終了
定休日 火曜・水曜
座席数 15席
グリル塩豚の店舗情報
住所 函館市湯川町1-9-15
営業時間 11:00~20:30
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
横丁ラーメンの店舗情報
住所 函館市大川町14-22
営業時間 11:30~14:30
定休日 日曜
ラーメン八戒の店舗情報
住所 函館市深堀町13-6
営業時間 11:30~20:00
定休日 火曜
満腹食堂の店舗情報
住所 函館市入舟町6-21
営業時間
月~土 11:00〜19:00
日曜 11:00〜13:00
定休日 無休
中国料理 中和廊の店舗情報
住所 函館市山の手3-21-1
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
おしま食堂の店舗情報
住所 函館市美原4-6-16
北海道渡島総合振興局
営業時間 11:00~14:00
定休日 土・日・祝
オリエンタルキッチンカフェ&デリの店舗情報
住所 函館市末広町23-15
営業時間 8:30~19:00
※冬季変更あり
定休日 水曜
ラーメン 豚の花道の店舗情報
住所 函館市港町1丁目2-1
ポールスター1階Cフロア
営業時間 11:00~19:00
定休日 ポールスターの定休日に準ずる

 

函館でラーメンが500円台のお店の場所どこ?

函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時まで?

ここまで、函館でラーメンがワンコインの500円で楽しめるお店をご紹介させて頂きました。

しかし、ワンコイン500円ではありませんが、美味しいお店も沢山あります。

そこでワンコインからは少しはみ出してしまいますが、500円台で美味しいお店もご紹介したいと思います。

 

廣河ヌードル

こちらのお店は国道5号線沿いにあり、函館駅と五稜郭駅の中間に近い場所にあるお店となっています。

JR五稜郭駅から徒歩約15分なので、徒歩の場合はこちらからの方が少し近めですね。

しかし、駅から少し距離があるので、車やバスでのアクセスの方が楽かもしれませんね。

こちらのお店はラーメン専門の『中華料理店』といったイメージのお店となっています。

ラーメンのメニューも豊富で、他にもつけ麺や焼きそば類、ご飯類ではマーボ中華飯・天津飯などとても充実しています。

そして、値段もとてもリーズナブルで塩ラーメンで550円(税込)、つけ麺(塩だれ)で650円(税込)という値段。

また、流行の『酸辣湯麺』もあったりもします。

安くて、ボリュームもあり、メニューも豊富なので地元民にも人気のお店となっていますよ。

廣河ヌードル
住所 函館市亀田町6-44
営業時間 11:00〜14:30
17:00〜21:30
定休日 月曜
メニュー例
塩ラーメン 550円(税込)
醤油ラーメン 550円(税込)
塩たれ(つけ麺) 650円(税込)
酸辣湯麺 770円(税込)

 

ブルートレイン

こちらのお店は函館の有名な温泉地『湯の川温泉』にあるお店となっています。

特徴はまずお店ですが、名前がブルートレインという事もあって客車がお店となっています。

客車を利用しているので、中は少し狭めでカウンターのみですがどこか懐かしい感じのするお店となっています。

そんなお店で味わえるラーメンはどこか昔懐かしいシンプルな味。

メニューも『特急』『急行』『普通』といった名前になっているのもとても面白いですね。

ちなみに、これは麺の量となっています。

そして、肝心の値段も普通で590円という価格。

地元民の方も昔から通っているという人も多いお店となっており、長年愛され続けています。

ラーメン好きだけでなく、鉄道ファンにもおすすめのお店ではないでしょうか。

ブルートレイン
住所 函館市湯川町1丁目26-22
営業時間 10:30~16:00
定休日 火曜・水曜
座席数 21席
メニュー例
普通ラーメン(塩・醤油) 590円
急行ラーメン(塩・醤油) 640円
特急ラーメン(塩・醤油) 690円

 

ぶんぶく茶釜ラーメン館

こちらのお店は市電『松風町』の近くにあるお店です。

JR函館駅から徒歩でも約8分という距離なので、アクセスしやすいのも特徴。

店内はレトロな喫茶店といった感じの雰囲気のお店となっています。

こちらのお店の特徴はラーメンの種類の多さではないでしょうか。

定番の醤油・味噌・塩以外に辛い物が好きな方向けの『大魔王』であったり、ベトナム焼きそばなどのメニューがあります。

また、函館では珍しい夕方からの営業のお店となっていますで、深夜まで営業しているのも嬉しいポイント。

塩ラーメンは昔ながらの素朴な味がポイントで価格も580円とリーズナブル。

昔から通う地元民の方も多い人気のお店となっています。

ぶんぶく茶釜ラーメン館
住所 函館市松風町3-4
営業時間 17:00~3:00頃
定休日 不定休
座席数 20席
メニュー例
塩ラーメン 580円
醤油ラーメン 580円
ベトナムラーメン(小辛) 730円
ベトナムやきそば 730円
大魔王タンメン(大辛) 750円

 

まとめ

函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時まで?

今回は函館でラーメンがワンコイン500円の場所どこ?営業時間は何時から何時までをご紹介させて頂きました。

しかし、函館でラーメンがワンコイン500円の場所があるのは驚きですね。

それも複数店あると言うのはとてもビックリです。

旅行に行くと、色々美味しい物が食べたくなります。

折角の旅行なのでとついつい食べ過ぎて出費がかさんでしまうことも。

それも旅行の醍醐味の1つですが、ワンコイン500円で量もあり、美味しいお店があれば是非行きたくなってきます。

そうなると営業時間は何時から何時までか気になってしまいますよね。

行きたいと思っても営業時間が短かったりするとスケジュールも組み立てにくくなりますし。

今回ご紹介させて頂けなかったお店でも函館には美味しいラーメンのお店も沢山あります。

また、塩ラーメン以外でも美味しいラーメン店も多くありますので、函館に行ったらラーメンを食べてみてはいかかでしょうか。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。

※価格について変更になっている場合もあります。

詳しくは直接お店に確認して下さいね。