北海道旅行全般

北海道3泊4日のスーツケース大きさは何リットルがおすすめ?選び方&目安もご紹介

北海道3泊4日のスーツケース大きさは何リットルがおすすめ?選び方&目安もご紹介
Pocket

旅行に行こうと思った際に、皆さんはどこに行こうと思われますか?

旅行先で人気の場所といえばやはり沖縄であったり北海道などではないでしょうか。

夏場は特に北海道は涼しいというイメージもあるので人気の旅行先。

北海道に行くなら折角なので、少し長めの期間で旅行に行こうという方も多いのではないでしょうか。

日数が増えれば増えるだけ気になるのは持っていく持ち物であったりスーツケースではないでしょうか。

1泊であれば荷物も少ないので小さい物でいいかなと思います。

逆に1週間などの長期であれば大きい物になりますよね。

しかし、3泊4日位の期間であればどうでしょうか?

短くもなく、長くもないので少し迷いますよね。

これくらいの期間なら大きさであったり何リットル入るスーツケースがおすすめなのか気になったりします。

また、大さを選ぶ選び方の基準や目安などはどうなのでしょうか。

そこで今回は北海道3泊4日のスーツケース大きさは何リットルがおすすめ?選び方&目安もご紹介したいと思います。

\スーツケースはレンタルがお得!/
>>DMM.comでレンタルする<<

 

北海道3泊4日のスーツケース大きさは何リットルがおすすめ?

北海道に旅行に行くとなれば当然ながら荷造りが必要となりますよね。

荷造りと言ってもキャリーバックやスーツケースに入れて持ち運びをする方が大半ではないでしょうか。

1泊2日などの短い期間であれば小さい物でも十分かな?と思いますし、長期になれば大きい物と決めやすいのではないでしょうか。

しかし、3泊4日など中期の滞在の時は小さい物にするか大きい物にするか悩んだりしませんか?

小さいと荷物が入らないのではと心配になったり、大きかったら持ち運びに不便ではと考えてしまいます。

では、北海道に3泊4日で行く場合どれ位の大きさ、何リットル位のスーツケースが良いのでしょうか。

これは個人の状況であったりシーズンにもよると思いますが大体40L~50Lもあれば十分ではないでしょうか。

スーツケースですが機内に持ち込む・預けるによっても大きさが変わってきます。

これは搭乗する航空会社や座席数によっても変わってきますが大体『縦45×横35×高さ20で3辺の和=110cm』ではないでしょうか。

このサイズであれば100席未満の国内線やLCCなどでも機内に持ち込めるサイズとなっています。

このサイズのスーツケースだと大きい物で40L、Sサイズのスーツケースになると思います。

これ以上、大きなサイズになるのであれば預けるという方法になります。

  • 普段から荷物が少ない人
  • 夏場で着替えが少ない
  • 到着後すぐに移動を開始したい人

こういった方は機内持ち込みのできる最大サイズ40Lクラスがおすすめではないでしょうか。

  • 普段から荷物が多い人
  • 着替えなどが多くなってしまう人
  • 返却時間を待ってもいい人

こういった方であれば少し多きめの50L前後のMサイズのスーツケースがおすすめです。

あまり多きすぎると移動時に邪魔になったりついつい余計な物を持って行ってしまいがちになったりします。

また、逆に小さめだと行きは良いのですが帰りにお土産などをついつい買いすぎた際にスーツケースに入れれないという事態にも。

そうなると手荷物としてスーツケース+お土産とかさばって動きにくいという事にもなったりします。

ちなみに、私はこのパターンが最も多い気がします。

行きは隙間があるので『これ持って行った方が良いかな』とついつい荷物が多くなり過ぎ。

そして、帰りはお土産だらけだがスーツケースに入らないのでスーツケース+カバン+手荷物で動きにくいというパターン。

北海道ではお土産等も魅力的な物も多く、ついつい買いすぎる事もあるのでスーツケースは少し大きめの方がおすすめかもしれません。

しかし、スーツケースっていざ購入しようと思うと結構良い値段したりしますよね。

年に1~2回も行かないのに買うのは少しもったいないかな?って思ったり。

また、実際に買ったいいけどスーツケースの置き場にも困ったりすることもあったりします。

そして、何より一番の問題は『サイズ感』です。

実際に購入して使ってみたは良いが『使い勝手』であったり『収納量が思っていたのと違う』という事も多々あったりしますよね。

そうなるとせっかく購入しても使い道がなくて邪魔なだけとなったりします。

そんな時に便利なのがスーツケースのレンタルです。

レンタルであれば使う日数だけの費用なので購入するよりお得だったりします。

また、実際に使ってみて使い勝手が悪くても使用後は返却するので邪魔になったりもしません。

そして、サイズ感を試すのにもピッタリではないでしょうか。

実際に使ってみてこれ位のサイズであれば良いかな?もう少し大きい・小さい方がいいかな?とわかってから購入をする事もできますよね。

そんなスーツケースのレンタルですが、いろいろな会社が行っていますがおすすめはDMMの『いろいろレンタル』です。

DMMと言えば良くCMなどでも見かける企業ですよね。

そんなDMMのいろいろレンタルですがおすすめのポイントはいくつかあります。

まず、取り扱いの商品数が多いと言う点です。

何かを借りようと思っても取り扱いの商品数が少ない=選択肢が少ないので借りにくいですよね。

また、スーツケース以外にもカメラであったりPCのレンタルなどもあるのでまとめてレンタルすることが出来るのもポイント。

そして肝心の料金面ですが安めの設定になっているのでレンタルしやすく『送料が無料』という点もおすすめのポイントの1でもあります。

いくら安くても送料がかかったら実質高くなってしまいますからね。

そういった点からDMM『いろいろレンタル』はおすすめだと思います。

\スーツケースはレンタルがお得!/
>>DMM.comでレンタルする<<

 

スーツケースの大きさでの宿泊数の目安は?

スーツケースの大きさで何リットルとか表記されている事が多いですよね。

また、サイズでもS・M・Lなど表記でも書かれていたりもします。

サイズや何リットルと言われても何泊くらいに使ったら良いのかわからなくなったりもしますよね。

そこで、サイズや容量でだいたいどれ位の宿泊数の際に使用すれば目安をまとめてみました。

サイズ 容量 宿泊の目安
Sサイズ ~25L 1泊~2泊
26L~40L 2泊~3泊

メーカー等にもよると思いますが、このサイズでおおよそ機内持ち込みは可能なサイズが多いと思います。

サイズ 容量 宿泊の目安
Mサイズ 41L~60L 3泊~5泊
61L~80L 3泊~7泊
サイズ 容量 宿泊の目安
Lサイズ 81L~ 7泊以上

個人差などもあると思いますが、容量と宿泊日数の目安は大体これ位ではないでしょうか。

1泊=10L位を目安にするといいかもしれません。

 

北海道3泊4日のスーツケースの選び方は?

旅行に行こうと思った際はスーツケースのサイズなどを決めなければいけませんよね。

では、どういったスーツケースを選べば良いのでしょうか。

まず、持ち物がしっかり入るというのが一番ですよね。

小さくてコンパクトの方が移動はしやすく、楽ですが必要な物が入らなかったりすると意味はありません。

また、旅行先で不足していると購入してしまっては意味がありませんからね。

機内に持ち込みをしたいという方でなければ少し大きめ位の方が良いかと思います。

先にも少し上げましたが、新千歳空港などはとてもお土産物などのお店が多いのが特徴。

空港というより『物産展』といった感じかもしれません。

その為色々買い込んでしまったりしますし、周りの方を見ていても結構買い込んでいる方も多いです。

そして、多くの方が中央のロビーでスーツケースにお土産を入れて整理しています。

そういった際にも少し大きめであれば整理もしやすいというのもあります。

頻繁に旅行や出張などに行く方であれば様々なスーツケースやカバンを持っているかもしれません。

しかし、年に数回しか行かないという方であればそもそもスーツケースを持っていないという方もいるのではないでしょうか。

また、持っていてもサイズは大丈夫かなと気になる方もいると思います。

しかし年に数回も行かないのにわざわざ大きめのスーツケースを買っても邪魔になったりしますよね。

他にもサイズは不安でもすでに持っているという方はわざわざサイズ違いを購入するという訳にもいかないですよね。

また、買ったは良いけど思ったより小さかった・大きかったという事も。

そういう場合にはスーツケースをレンタルするという方法もあります。

レンタルであれば置き場所に困ったりする事もないですよね。

また、実際に使ってサイズ感を見て購入する際の基準にもできたりします。

それに頻繁に旅行や出張がなければレンタルの方がリーズナブルだったりする場合もありますよ。

 

まとめ

今回は北海道3泊4日のスーツケース大きさは何リットルがおすすめ?選び方&目安もご紹介させていただきました。

北海道に旅行に行く際は2泊3日や3泊4日という方も多いのではないでしょうか。

そういった際にスーツケース大きさは何リットルの物がいいのかと少し迷ってしまいますよね。

私も学生の頃、修学旅行が北海道で3泊4日でした。

その際にもスーツケースやかばんの大きさの目安や選び方でかなり困った記憶があります。

学校行事なので必要な物以外は持って行けなかったという事や当時は携帯電話などもそこまで普及していませんでした。

今ならスマホの充電器やケーブルなど荷物が増えてしまいがちですよね。

それでも、やはり着替えだけでも結構荷物になっていた記憶もあります。

旅行に行く際にはなるべくコンパクトにして楽しんでみて下さい。

\スーツケースはレンタルがお得!/
>>DMM.comでレンタルする<<

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<