札幌

北海道神宮の御朱印は書き置き?受付時間や場所どこなのかもご紹介!

Pocket

皆さんは神社をお参りをした際、何をされますか?

お参りだけする方、おみくじを引く方、御守りなどの授与品を買われる方など、実に様々ではないかと思います。

他にも『御朱印』を頂戴すると人の事を聞いた事がある人はいないでしょうか?

御朱印はをお参りをした証明として頂き、『神様とのご縁の記録』と言ってもかもしれません。

この御朱印が数年前より注目され、集めてる人が増えてきているそう。

全国各地に様々な神社があり、その中で北海道で一番の規模は北海道神宮だと思います。

札幌市内にあり、アクセスも良く観光ガイドにも必ずと言っていいほど記載されているのではないでしょうか。

ちなみに御朱印を頂戴するのは『お参りの後』となります。

お参りができても受付時間もありまし頂ける場所も神社によってそれぞれだと思います。

北海道神宮では御朱印を頂ける場所や受付時間はどう?

また、手書きなの?それとも書き置きを頂けるの?

今回は北海道神宮の御朱印は書き置きか、受付時間や場所どこなのかもご紹介していきたいと思います。

 

北海道神宮の御朱印は書き置き?

北海道神宮の御朱印は書き置き?受付時間や場所どこなのかもご紹介!

頂ける御朱印には2つあり、直接書いてもらう『直書き(じかがき)』と事前に準備されている物を頂戴する『書き置き』の2種類です。

書き置きは事前に手書きの物を準備してる場合や、印刷してる物を準備してる場合のパターン。

直書き・書き置きのどちらかで頂けるのかは神社や頂戴する時期等によっても変ります。

例えば、普段は直書きで頂ける神社であっても初詣の混雑する時期にはその時期だけ書き置きになったりします。

他に夏の夏詣の際などの時等はその時限定のデザインを頂ける神社があったりします。

ちなみに通常時は『直書き』で頂戴する事ができます。

2021年12月15日~2022年1月31日の期間は特別な期間となります。

この期間は事前に朱印を押してある紙での授与にて対応との事。

 

北海道神宮では時期限定の御朱印もある?

御朱印を頂く時期によってはその時期限定のがもらえるという神社もあります。

例えば『小樽住吉神社』の花手水の時には限定配布がありました。

北海道神宮ではそういった限定はなさそう。

令和に元号が変った際に『北海道神宮・頓宮』では令和印の入ったのが頂けた事はありました。

頓宮は別の所にあり、ちなみに二条市場の近くです。

御朱印についても『頓宮』として別にあります。

北海道神宮とあわせてお参りするのもいいですね。

 

北海道神宮の御朱印と開拓神社は一緒?

北海道神宮内には末社に『開拓神社』があります。

開拓神社は『商売繁盛』等の御利益がり、北海道のパワースポットとしても有名な所。

こちらでは祈祷等は行っていないため、祈祷等は北海道神宮にて行う事になります。

御朱印についても別にあります。

よって北海道神宮で頂ける御朱印は全2種類になります。

ちなみに開拓神社は『書き置き』。

ちなみに、お参り後に頂戴するのがルールとなります。

開拓神社の御朱印も頂きたい方は先にお参りは済ませておいて下さいね。

距離もさほどありませんから、ゆっくり自然を見ながら歩くのはすごく気持ちがいいですよ。

私はよくこの周辺でエゾリスに遭遇する事が多いです。

 

北海道神宮の御朱印の受付時間は?

北海道神宮の御朱印は書き置き?受付時間や場所どこなのかもご紹介!
授与品や御朱印の受付時間は時期によっても変ります。

受付時間

  • 通常日 9:00~閉門
  • 元旦 0:00~閉門
  • 1月2日~1月3日 6:30~閉門
  • 1月4日~1月7日 7:00~閉門

閉門時間は時期によっても変りますので、事前に確認しておく方が良いでしょう。

また、時間ギリギリになるのは避けた方が良いかも知れませんね。

ギリギリだとご迷惑にもなりますからね。

 

北海道神宮の御朱印の受付場所は?

北海道神宮の御朱印は書き置き?受付時間や場所どこなのかもご紹介!

御朱印を頂ける所は神社によって異なると思います。

『社務所』で頂ける神社もあれば御守りとかを頂ける『授与所』など実に様々。

御朱印を頂ける場所は社務所でも授与所でもなく『祈祷受付』となります。

祈祷受付は神門を通り、本殿に向かって右側。

祈祷受付の案内の看板もあるので、授与所の軒を通って行けばすぐにわかるかと思います。

開拓神社の御朱印を頂ける場所は北海道神宮と同じ『祈祷受付』で頂戴する事が出来ます。

また、御朱印帳が欲しいという方についても同じ受付となっています。

もし、御朱印帳を持っていないという方や、記載するページがもう無いという方は一度検討してみてはどうでしょうか?

この御朱印帳は白銀と水色を基調として色合いがとても良いです。

光沢感のある白銀の生地で社殿の屋根に銀と水色の雪の結晶が降るそんな情景となっています。

北海道らしく雪の結晶をあしらっているのもとても可愛い御朱印帳でとても綺麗です。

また、文字の刺繍も金襴の刺繍にもなっており、人気ともなっています。

サイズも縦16センチ✕横11センチと普通のサイズと変りません。

御朱印帳を持っていると、他の様々な神社などに参拝してみたくなったりします。

私も外出する際はお気に入りの御朱印帳を持って外出したり、様々な神社に参拝してみたいと思うようになりました。

旅行のついでに参拝というより、むしろ「○○に参拝に行きたいから旅行に行く」という事が多いですね。

ちなみに、私もお気に入りの中の1つとなっています。

 

北海道神宮の御朱印の料金は?郵送はしてる?

御朱印代(初穂料)はそれぞれ神社によっても異なり、300円~500円という値段が多い印象。

北海道神宮の初穂料は500円となっています。

また、開拓神社についても同じ500円。

お参りに行きたいがコロナの関係もあって行きずらいと思う方も多いかと思います。

そういう方向けに郵送で対応してるのか調べてみましたが、郵送対応はしていませんでした。

御朱印はあくまで『お参りをした証』という事もあり郵送での対応はしていないのかもしれませんね。

御朱印の郵送はありませんが『御守り」や『絵馬』『お札』などの授与品は郵送対応もしてるそう。

御守りに『キティ肌守り』とキティちゃんをあしらった御守りがあるのも特徴かもしれません。

 

まとめ

北海道神宮の御朱印は書き置き?受付時間や場所どこなのかもご紹介!

今回は北海道神宮の御朱印は書き置きなのか、受付時間や場所どこなのかをご紹介させて頂きました。

北海道神宮は自然がかなり多く、すごく心地良い場所で、私は毎回『開拓神社』も必ずお参りします。

また野鳥やエゾリスを探して散歩するのも楽しみにしています。

御朱印を頂いた際に季節毎の「栞」も頂けるのも特徴かと思います。

ちなみに書き置きの御朱印を貼る時は『スティックのり』が便利です。

受付時間は余裕をもって行くというのは本当にオススメします。

以前、コロナの影響もあり閉門時間が短くなっていた際に間に合わなくてお参りできなかったという事もありました。

御朱印を集めるのがブームになっていたりもします。

御朱印集め=スタンプラリーではないのでそこは注意する方がいいです。

お参りもせずに御朱印だけを頂戴する事や時間外に無理に頼み込むとかというのはもってのほか。

マナーはキッチリ守って行くようにする方がいいですね。

私は予め初穂料も調べてなるべくキッチリ納めるようにする、高額紙幣を使わない、おつりが少なくなるようにも留意しています。

神社などに行くと気持ちもスッキリもしますし、後から見直せばお参りの思い出になりますから良ければお参りする際には御朱印を頂いてみてはいかかでしょうか。

※実際に行かれる際には感染症対策等はきっちりして行って下さいね。

また、時間に変更等がある場合もありますので、事前に確認して下さい。