北海道旅行全般

北海道スキー安く行く方法は?予約はいつからするのがおすすめかご紹介!

北海道スキー安く行く方法は?予約はいつからするのがおすすめかご紹介!
Pocket

北海道と言えばグルメに綺麗な景色など魅力が沢山ありますよね。

旅行や観光でも人気の地域の1つではないでしょうか。

1年を通して楽しめる北海道なので旅行や観光に行きたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そんな北海道ですが、冬に人気なのはやはりスキー。

北海道の雪はパウダースノーという事もあって国内外から多くの人がスキーに訪れたりもします。

北海道にスキー・スノーボードに行きたいと思った際にやはり気になるのは費用の面ではないでしょうか。

北海道に旅行に行くにしてもやはりそこそこ費用がかかるので安く行く方法が気になったりしますよね。

また、実際に行こうと思った際に飛行機であったりホテルなどの予約をしなければいけませんよね。

そうなると予約はいつからするのがおすすめなのかも気になったりします。

そこで今回は北海道スキー安く行く方法は?予約はいつからするのがおすすめかご紹介!したいと思います。

\数量限定!衝撃価格キャンペーン実施中/>>J-TRIPでツアー予約する<<

北海道スキー安く行く方法は?

北海道の雪はパウダースノーという事で、スキー・スノーボードをする方に人気ではないでしょうか。

北海道の雪質はとてもよく、世界一とも言われているそうです。

そんな北海道にスキー・スノーボードをしに行きたいと思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、北海道に旅行などに行こうと思うとやはり費用が結構かかったりしますよね。

同じ行くならなるべく安く行きたいと思ってしまいます。

では、北海道にスキー・スノーボードに安く行く方法はあるのでしょうか。

 

スキーツアー

まず、1つ目はスキーツアーを利用する点です。

ツアーといっても、ツアーに申し込んだ人と団体行動をするといったツアーではありません。

2泊3日 プラン例
1日目 最寄りの空港→新千歳空港→宿泊先へ
2日目 終日フリータイム
3日目 宿泊先→新千歳空港→最寄りの空港

上記はプランの一例ですが、こういったツアープランとなっています。

これなら個人で手配して旅行に行くのと変らないですよね。

ではツアーにするメリットは何なのか?という点になると思います。

まず、航空券や宿泊先の予約を一括で済ませる事ができる点です。

次に、宿泊先までのシャトルバスの手配や料金が含まれていたりする点です。

そして、リフト券です。

こちらもツアーによってはリフト券がついているツアーがあります。

個人旅行の場合であればそういった手間や料金が上乗せになってしまいますよね。

また、『ルスツリゾート』では1日リフト券が値上がりするという話もあります。

現地購入価格

  • 6,500円→ 8,800円

しかし、スキーツアーであればそういった手間もなければ料金が込みという事もあってお得に行けたりします。

しかし、デメリットもあり、ツアーなので『予約数』が決まっているという点ではないでしょうか。

個人プランであれば宿泊先の場所を変えて探してみたりすると融通が効いたりする場合があります。

しかし、ツアーなのではそういった融通が効きにくいかもしれないのがデメリットではないでしょうか。

このスキーツアーですが、色々な旅行会社でツアーが用意されています。

沢山の旅行会社がありますが、その中でもおすすめなのが『J-TRIP』が特におすすめ。

『J-TRIP』では航空会社は日本航空(JAL)を利用しているおり、大手という事もあり安心ではないでしょうか。

次に、キャンセル料が期間限定で実質0円となる点です。

こちらは条件もありますが、感染症の問題などでどうしてもキャンセルしなければ・・・という時でも安心。

そして、価格も安めという特徴もあります。

価格は安くても、内容が充実しているこういったスキーツアーを利用することで安く行くことができるのでおすすめです。

今なら『羽田発限定』で『ルスツ』『ニセコ』『トマム』『富良野』のツアーが衝撃価格のキャンペーン実施中

フライトの指定やJALマイル付与なしなどの条件はありますが、かなり格安となっています。

出発日ごとに定員があるので売り切れ次第終了のキャンペーンの為、予約はお早めに。

\数量限定!衝撃価格キャンペーン実施中/>>J-TRIPでツアー予約する<<

 

個別予約

旅行もそうですが、安く行こうと思うと個人プランが安くつくという場合があります。

旅行にかかる費用で一番割合が高いのがやはり『航空券』ですよね。

その航空券の部分を安くする事ができれば北海道にスキー・スノーボードを安く行くことも可能ではないでしょうか。

安くする方法で思いつくのはやはり『LCC』などの航空会社を利用するという点です。

LCCを利用することで飛行機代は抑える事ができるのではないでしょうか。

または、安い時間帯の搭乗にするというのも安く行く方法の1つではないでしょうか。

例えば『朝一番の飛行機』であったり『夕方最終の便』などは利用者も多く値段が高めの設定になっていたりもします。

しかし、昼前であったり夕方でも早い時間帯であれば値段設定が安めという時間帯の飛行機があります。

そういったタイミングの飛行機に搭乗するというのも安く行く方法の1つかと思います。

次に宿泊先ですが、スキー場から離れている安い場所を利用するという方法もあります。

例えば、ニセコやルスツなどでスキーをという場合であれば宿泊先を札幌にするといった方法です。

どうしても、スキーのシーズンにはスキー場近くのホテルなどは高くなる傾向があります。

しかし、札幌の様にホテルなどが沢山ある場所では安く宿泊できる場所も多いのが特徴。

そういった場所を選択する事で安く行くことも可能ではないでしょうか。

しかし、デメリットもあります。

まず、それぞれの予約が個別という点です。

  • 航空券:格安航空券のサイト
  • ホテル;格安ホテル予約サイト

こういったそれぞれの格安サイトなどで予約するのが一番安く行く方法になると思います。

しかし、それぞれで予約しなければいけない手間がありますよね、

また、キャンセルしなければいけないと言う場合もそれぞれキャンセルしないといけないのも手間だったり。

他にも宿泊先がスキー場から離れているならそこに行くまでのアクセスをどうするか考えなければいけなかったりもします。

そういった事があまり手間に感じない方であればおすすめの方法です。

 

ポイント・マイル

この方法ですが、スキーだけという訳ではありませんが旅行に安く行く方法の代表ではないでしょうか。

普段の生活の支払いをポイント・マイルの貯まりやすいクレジットカードに集約する。

その貯まったポイント・マイルで旅行などに行くという方法ですね。

メリットとしてはやはり航空券の費用がかからないというのが最大のメリットではないでしょうか。

 

北海道スキーの予約はいつからするのがおすすめ?

パウダースノーで人気の北海道。

そんな北海道でスキーやスノーボードをしたいと思う方もいるのではないでしょうか。

では、そんな北海道にスキー・スノーボードに行こうと思ったらいつ予約するのがいいのでしょうか。

いつスキーにいくかによっても変ってくると思いますが、行こうと思うタイミングの約3ヶ月~2ヶ月半前がおすすめではないでしょうか。

まず、北海道旅行の費用で一番高額になるのはやはり航空券ですよね。

しかし、ANAやJALなどの航空会社では早めに予約する事で価格を抑える事ができたりします。

  1. 75日前
  2. 55日前
  3. 45日前
  4. 28日前
  5. 21日前

早ければ早いほど割引率は大きくなります。

その事から早ければ8月後半から9月から予約するというのがおすすめではないでしょうか。

8月後半や9月だと雪のシーズンには早いのではないか?と思うかもしれません。

しかし、北海道のスキー場の中には11月中旬から営業を開始するスキー場がいくつかあります。

そういったスキー場であれば9月に予約といっても2ヶ月程度前になりますよね。

その為、9月でも早いという事はないと思います。

こういった点から予約するのであれば約3ヶ月程度前がおすすめだと思います。

 

まとめ

今回は北海道スキー安く行く方法は?予約はいつからするのがおすすめかご紹介!させて頂きました。

北海道の雪質はとても良いという事でスキーやスノーボードをする方は行きたいと思う方が多いのではないでしょうか。

私の知人にスキーを楽しむ方いたので、少し話を聞いてみたりもしました。

そうすると以前は毎年正月に北海道にスキー旅行に行っていたという話をされていました。

ちなみに、予約はいるからするのか聞いてみました。

その方は旅行期間が正月という事もあって例年10月頃には予約していたそうです。

やはり、実際に行く2ヶ月位で少し早めの方がおすすめなのかもしれませんね。

それに、予約は早ければ早いほど宿泊先や搭乗する航空機の選択肢が多いというメリットもあります。

北海道に安く行く方法はいくつもあるかと思いますので、北海道でスキー・スノーボードを楽しんでみてはどうでしょうか。

\数量限定!衝撃価格キャンペーン実施中/>>J-TRIPでツアー予約する<<

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<