北海道旅行全般

北海道旅行でスーツケースは冬は雪で使えない?対策やおすすめのカバンも徹底調査!

北海道旅行でスーツケースは冬は雪で使えない?対策やおすすめのカバンも徹底調査!
Pocket

旅行や出張などの際に必需品と言ってもいいのがスーツケースではないでしょうか。

荷物を入れて運ぶ際にとても便利ですよね。

空港、駅でも頻繁に見かける光景ではないでしょうか。

荷物を沢山いれて運ぶことが出来て便利なスーツケースですが、気になる点もあります。

それが、冬場の雪のタイミングです。

特に北海道など冬場に雪が降る地域だとスーツケースは雪で使えないのではないか?と思ったりしますよね。

冬の北海道などでは『スキー』などがやはり人気ですし、そういった際には荷物も多くなりがち。

しかし、荷物が多くなりがちになるとどうしても大きめのスーツケースなどを使う方が楽ですよね。

とは言っても、雪で使えないならそういった時はかばんの方がおすすめなのか?

雪対策はないのかも気になりますよね。

そこで今回は北海道旅行でスーツケースは冬は雪で使えない?対策やおすすめのカバンも徹底調査をご紹介したいと思います。

 

北海道旅行でスーツケースは冬は雪で使えない?

沢山の魅力がある北海道ですが、旅行や観光は夏が一番人気かもしれません。

しかし冬は冬で多くの魅力があったりします。

例えば、スキーでは雪質が良いという事で人気だったり雪まつりなどの注目のイベント。

流氷など冬にしか見る事が出来ない絶景など実に沢山。

しかし、実際この時期に旅行に行こうと思うと気になるのは荷物。

冬場ので着る物などでかさばったりする物が多く、荷物も多くなりがち。

大きめのスーツケースであれば問題はないと思いますが、そうなると気になるのは『雪』ではないでしょうか。

スーツケースって、荷物を引っ張るというイメージですよね。

雪が降っている中でそういった普通の使い方ができるのでしょうか。

ちなみに、『使えるか使えないか』という点だけで言うなら『使えない事はない』と思います。

例えば、札幌の中心部であれば地下で移動する事が可能な場所もあります。

ホテルによっては地下からいく事もできるホテルもあるのでそういった場所であれば特に問題無く使えます。

地上部分についてですが、お店なども多いエリアでもあります。

そういったエリアではお店の前など『雪かき』をされている事も多く、人通りも多いので歩きにくいという場所は比較的少なめ。

しかし、人通りの少ない道や住宅地、雪かきがあまりされていない場所は少し注意です。

新雪の場所ではキャスターに雪が引っかかって動きが悪くなったりします。

また、踏み固められている場所でも平坦では無いので結構凸凹している状態。

滑らないように気にしながら凸凹の道を引っ張らなければ行けない場合も。

また、交差点などで車道から歩道に上がる際に段差が出来ている場所では持ち上げないといけない場合もあります。

これはその時の積雪状況や場所によっても変わってきます。

そう言った点から、『使えないか』と言われたら『使えない事はない』となります。

また、使えない事はないので対策をするという事もできると思われるからです。

 

北海道旅行でスーツケースの冬の雪対策は?

冬の北海道では雪が積もるのでスーツケースは使えない事はないと思います。

同じ使うのであれば対策はしっかりした方がいいですよね。

では、北海道旅行でスーツケースを冬に使う際の雪対策はどうなのでしょうか。

いくつか対策はありますが、一番手軽な対策としては『荷物をなるべく軽くする』という点。

凸凹の道であったり、段差で持ち上げなければいけないというケースが想定されます。

また、雪道では滑ったりもするのでそちらにも気を付けなければいけませんよね。

荷物をなるべく軽くすれば、段差で持ち上げる際や平坦な道でなくても動かしやすいのではないでしょうか。

例えば、ホテルにコインランドリーがあるのであれば着替えは最小限にしてホテルで洗濯をすれば荷物は減ります。

他にもお土産を買うなら『空港など』にするというのも方法の1つではないでしょうか。

あっちこっちで購入してスーツケースに入れると帰りに重くなったりしたりもしますが、空港であれば気にする事はないですよね。

次におすすめなのは『事前にホテルに送る』という点。

多くのホテルでは宅急便などで事前に荷物を送る事ができますよね。

費用はその分かかりますが、この方法であれば荷物の量を気にする事はないです。

デメリットとしてはやはり費用がかかる点と宿泊先が事前の荷物送付しても問題ないか確認しなければいけない点。

そして、雪などの遅れが発生しても良いように日程に余裕をもって送付しなければいけないという感じでしょうか。

しかし、メリットとして荷物の量を気にしなくて良い点や飛行機に乗る際に預け入れをしなくて良い点があります。

 

北海道旅行で冬や雪対策のおすすめのカバンは?

冬の北海道ではスーツケースだと雪で少し使いにくかな?という印象がありますよね。

ボストンバックだとずっと移動の際は持っていないといけないから肩が痛くなったり、荷物の量や重さが心配だったりもします。

そういった際に便利なのが『ボストンキャリー』というカバン。

ボストンバックにキャスターが付いているという感じ。

名前の通りボストンバックとスーツケース(キャリーバック)のいいとこどりをした感じのカバンとなっています。

これなら駅や除雪されている場所ではスーツケースと同じように移動できます。

また、雪道や凸凹道ではボストンバックの様にも持ち運ぶ事ができます。

肝心の容量ですが、大容量の物も多くまた軽量で丈夫な物が多いのも特徴となっています。

このカバンですが、色々なメーカーから出ていますが

  • Coleman (コールマン)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • LOGOS(ロゴス)

こういった大手キャンプ用品メーカーであったりCONVERSE(コンバース)などの企業も商品を販売しています。

冬の北海道に旅行やスキーなどに行く際はこういった丈夫で使いやすいカバンがおすすめですよ。

 

まとめ

今回は北海道旅行でスーツケースは冬は雪で使えない?対策やおすすめのカバンも徹底調査をご紹介させて頂きました。

北海道旅行で夏であればスーツケースを使う事に何も問題はないので考える事は少ないですよね。

しかし、冬は雪の問題があるので使えるのか使えないのか悩んでしまったりします。

私は以前、冬の札幌にスーツケースで行った際に積雪でかなり苦労しました。

まず、荷物が多すぎて重たくなりすぎたという点。

空港や駅・地下街では問題はなく運ぶ事ができました。

しかし街中に出ると除雪されていない場所では苦労しました。

まず、地下鉄の出口によってはエスカレーターやエレベーターがなく階段で持ち上げて運ばないといけなかったり。

車道と歩道に段差が出来ている部分では持ち上げないと行けなかったり、平坦ではないので結構力がいったり。

そうこうしてる内に、カバンも古かったので伸縮できる取っ手の部分が壊れてしまって散々な目に・・・。

少し雪を甘くみていたので対策でおすすめのボストンキャリーなどを用意した方が方がいいなと思いました。

冬の北海道は夏とはまた違った魅力も多いので、是非雪対策をして冬の北海道を楽しんでみてはどうでしょうか。