グルメ

かど丸餅店でいちご大福はお取り寄せできない?通販や予約できるか詳しくご紹介!

かど丸餅店でいちご大福はお取り寄せできない?通販や予約できるか詳しくご紹介!
Pocket

札幌には美味しいお菓子などが楽しめる場所が多いですよね。

人気の場所も多く、行ってみたい・食べて見たいという場所もたくさんなのでいつも迷ってしまいます。

そんな札幌で人気の美味しいお菓子が楽しめる場所の1つに『かど丸餅店』があります。

和菓子屋さんですが、札幌でも人気で特に『いちご大福』が人気との事。

テレビ等でも取り上げられる事ある『かど丸餅店』ですが、最近では4月12日放送の「マツコの知らない世界」の番組でも紹介されていました。

人気のお菓子を実際に食べてみたいなと思っても遠方なので直接買いに行けないという場合もありますよね。

そんな時に便利なのがお取り寄せではないでしょうか?

もし日持ちするお菓子ならお取り寄せもできるかもしれないですし、出来るなら食べて見たいと思ってしまいます。

直接行ける場合でも行列もできるという話もありますので予約ができるなら予約して食べてみたいですよね。

そこで今回はかど丸餅店でいちご大福はお取り寄せできない?通販や予約できるか詳しくご紹介したいと思います。

 

かど丸餅店でいちご大福はお取り寄せできない?

有名や人気のお菓子屋といえばお取り寄せが出来るお店も最近は増えてきているという印象です。

では札幌の『かど丸餅店』ではどうなのか調べてみると残念ながらお取り寄せは行なっていないという事みたいです。

やはり、和菓子という事もあり、消費期限が短めという事もあるのかもしれません。

人気の『いちご大福』ですが、まず添加物が一切使われていないという事。

大福のお餅にはいちごの果汁も使われており、お餅の中には当然ならが新鮮ないちごがはいっています。

その為、消費期限が『当日中』となっているのでそれではお取り寄せは出来ませんね。

また、お菓子を一番美味しく食べられるのはやはり『購入直後』という事ですので、購入時は早めに食べるのがおすすめですね。

また、大福という事もあり『餅』が使われていますよね。

お餅はどうしても時間が経つと硬くなっていまう印象があります。

硬くなったお餅はやはりおいしさも半減してしまう様な気がしますので、そういった点があるのかもしれませんね。

やはり、あの柔らかいお餅と甘い餡、そしていちごの酸味がそろってこそ美味しいいちご大福だと思います。

 

かど丸餅店のいちご大福の販売期間は?

お取り寄せが出来ないというのであれな直接行くしかなさそうですよね。

しかし、人気のいちご大福ですがどの季節に行っても販売している商品なのでしょうか?

いちご大福の販売期間ですが例年『1月~5月頃まで』だそうです。

これはいちごの入荷の状況にもよって変ってくるそうなので、1月の初めや5月に近くなった時などはお店に確認してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみ1日での販売期間ですが、大体1時間~2時間程度で売り切れてしまう事もしばしばあるとか。

1個1個全て手作りなので1日で400個~800個程度の個数を販売されるそうです。

ちなみに、1人10個までの購入となるそうなので注意です。

 

かど丸餅店のいちご大福以外の期間限定のお菓子は?

いちご大福は期間限定のお菓子となっています。

では、その期間以外で人気のお菓子はどうなっているのでしょうか。

まず、おすすめのお菓子の1つに『みかん大福』があると思います。

『みかん大福』にはその名前の通り、お餅の中にみかんが入った大福となっています。

また、お餅にはみかんの果汁が練り込まれているのでキレイなオレンジ色のお餅となっています。

お餅の中にはみかんの果肉もたっぷり入っているので、餡の甘さとみかんの程良い酸味がとても美味しいと人気の商品となっています。

いちご大福よりみかん大福の方がさっぱりしていて美味しいという感想も聞かれます。

この『みかん大福』ですが、毎年11月頃から5月頃の期間限定となっています。

いちご大福の販売期間と重複するタイミングもありますので、食べ比べをしてみるのもおすすめですよ。

 

かど丸餅店のいちご大福以外おすすめのお菓子は?

いちご大福やみかん大福の様に期間限定のお菓子もおすすめですが、定番でおすすめのお菓子もあります。

かど丸餅店は和菓子屋さんなので大福や団子など美味しい物が多いですが、特に注目は『べこ餅』ではないでしょうか。

特に、旅行・観光等で楽しむという方にはおすすめのお菓子の1つです。

べこ餅は北海道の方であれば定番なので特に珍しいという事もないお菓子かもしれません。

しかし、内地ではほとんど見かける事がないお菓子となっています。

べこ餅は『白』と『黒』の2色のお餅となっており、葉っぱの形に近いイメージのお餅です。

2色の黒い部分には黒糖が使われているお餅となっています。

白い部分が好きという方、黒い部分が好きという方も中にはおられるのではないでしょうか。

ちなみにこのべこ餅ですが、北海道では5月の端午の節句にもよく食べられたりするそうです。

内地では端午の節句には『かしわ餅』などが一般的だと思いますので、『べこ餅』というのは北海道独特かな?と思ったりもします。

また、べこ餅は道内のスーパーなどでも販売されていますので、頻繁に見かける事ができます。

しかし、同じべこ餅を食べるならやはりより美味しい方がいいですよね。

そういった点からもいちご大福やみかん大福など、お餅が美味しいのでみかけたらこの『べこ餅』も併せて購入するのがおすすめ。

一度食べるとくせになってしまうかもというお餅なので一度味わってみてはどうでしょうか。

 

かど丸餅店のアクセス方法は?

直接行って見ようと思った際に気になるのはアクセス方法ですよね。

まず、車でのアクセスの場合『東8丁目篠路通り』を北に進めばわかりやすいかもしれません。

駐車場ですが、お店の横に数台停める事はできますが混雑する可能性があります。

また、お店の前の東8丁目篠路通りは片側2車線で広めですが、駐停車は他の方にも迷惑になりますしコンビニなどに駐車も迷惑になります。

近隣のコインパーキングを利用するのが良いでしょう。

最寄りであれば『三井のリパーク 札幌北21東8駐車場』が近いと思いますよ。

次に、バスでのアクセスの場合ですがお店の前に『北23条東8丁目』のバス停があります。

ここで下車すればすぐ目の前にあるのでわかると思います。

  • 東17:北光線
  • 東19:北光北口線

この2路線になると思いますが、バスの本数も少なめなので特に朝の早い時間であれば時刻表は要チェックですね。

そして、鉄道ですが最寄り駅は地下鉄東豊線『元町駅』から西に徒歩約15分となっています。

ちなみに、同じ地下鉄東豊線の『東区役所前駅』の2番出口から北に歩いても約20分程度となっています。

 

かど丸餅店で通販や予約できる?

人気の『いちご大福』は残念ながらお取り寄せを行なっていないようでした。

しかし、他にも美味しい和菓子が多いので他のお菓子をお取り寄せしたいなと思うかもしれません。

では、他のお菓子はどうなのか気になって調べてみましたが、残念ですが同じくお取り寄せはしていないようです。

例えば、一般的に和菓子屋さんで有名なお菓子と言えばやはり大福など『餅』をつかった商品ですよね。

お取り寄せにする場合、どうしても避けて通れないのは『消費期限』だと思います。

消費期限を延ばすには『添加物』を利用するなり、『冷凍』などの方法が考えられます。

しかし、添加物を使ってしまうとやはり味が変ってしまったりしますよね。

また、冷凍でも同じで解凍する際に味が変ってしまったりとデメリットもあります。

そういった事からも通販は行なっていないのかもしれませんね。

やはり、お餅は時間が経つと硬くなってしまう印象があります。

私は大福など時間が経って少し硬くなったお餅は少し焼いてみたりもしますが、これはちょっと違うなといつも思ってます。

硬くなっても美味しいお餅は美味しいのですが、やはり柔らかいお餅には勝てませんよね。

そういった理由もあるのかもしれませんね。

かど丸餅店
住所 札幌市東区北23条東7丁目2-23
営業時間 6:00〜(売り切れ次第終了)
定休日 木曜日(祝日は営業)
駐車場

 

かど丸餅店では予約はできる?

お菓子のお取り寄せや通販を行なっていないという事なので、実際に足を運んで味わうしかありません。

では、予め予約は出来るのでしょうか?

以前は予約も行なっていたそうですが、現在は基本予約は行なっていないとの事です。

一歳のお誕生日をお祝いする『祝い餅』などは予約をしているという事だそうです。

そういうお祝い事は予め予約する方も多いかと思いますので、その際に確認してみるのが良いかもしれませんね。

予約をしていない為、人気のいちご大福の販売時期などは早朝から列になる事も。

TVでも紹介された後は特に混雑するので、購入を検討している場合は早めに行く方が良いかもしれませんね。

 

かど丸餅店には何時に行くのがおすすめ?

人気の和菓子を求めて行列にもなるかど丸餅店ですが、ではいったい何時に行くのがおすすめなのでしょうか。

まず営業時間ですが朝の6時からとなっています。

日によっても異なるかもしれませんがやはり朝一番に行くのがおすすめだと思います。

普段であれば6時少し前位に到着するのが良いかと思います。

しかし、テレビの放送後などはそれ以上に早く行く方がいいのかもしれません。

ちなみに朝の3時から並んでいた人もいるという話もある位です

正直、そんな時間から並ぶのはちょっとあれですよね。

色々な人の話を聞いていると『6時台から並んでいた』という話は良く聞きます。

その事からも6時少し前に到着するというのがおすすめかもしれませんね。

 

まとめ

今回はかど丸餅店でいちご大福はお取り寄せできない?通販や予約できるか詳しくご紹介させて頂きました。

かど丸餅店では人気のいちご大福はお取り寄せできず、日持ちもしないないのでこれは直接札幌に行って味わってみるしかないですね。

しかし、他にも美味しそうなお菓子も多いので直接いって味わうという楽しみが増えて良いかもしれませんね。

朝の早い時間からの営業となっているのが注意ですが、早起きしてでも行ってみたいお店の1つではないでしょうか。

札幌に行った際は一度『かど丸餅店』で美味しい和菓子を味わってみて下さいね。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<