グルメ

釧路和商市場で勝手丼の値段は高い?安い方法で食べるコツをご紹介!

釧路和商市場で勝手丼の値段は高い?安い方法で食べるコツをご紹介!
Pocket

北海道に旅行や観光に行こうと思った際は多くの候補がありますよね。

そんな人気の地域の1つに『釧路』のエリアがあると思います。

釧路は北海道でも東の方に位置し、釧路湿原などは有名なので一度行ってみたいと思われる方もいるのではないでしょうか。

そして旅行と言えばやはり美味しい物を食べたいと思いますよね。

釧路でも美味しい物、人気のグルメは沢山ありますがその中でもやはり欠かせないのが『海鮮』ではないでしょうか。

釧路で海鮮メニューを楽しむのであればやはり人気は和商市場、そして勝手丼。

勝手丼は自分の好きなネタを乗せて作るいわばオリジナルの海鮮丼といった感じです。

しかしこの勝手丼じつは値段が高いのではないかという声もよくあります。

同じ美味しいものを食べるならやはり安い方法で食べたいですしコツがあるのか気になりますよね。

そこで今回は、釧路和商市場で勝手丼の値段は高い?安い方法で食べるコツをご紹介したいと思います。

 

釧路和商市場で勝手丼の値段は高い?

お店で提供されている海鮮丼ではネタによって値段が決まっていますよね。

その為、ネタの量によってこのお店は高い、安いと判断できるかもしれません。

では、釧路和商市場で勝手丼の値段は高いのでしょうか。

私はそこまで高いとは思いませんでした。

それにはいくつか理由があります。

まず勝手丼ですが、こちらは自分で好きなネタを選らんで海鮮丼にするという物となります。

ご飯を購入し、その後にネタを購入していくというイメージですね。

まず、ご飯ですがお店や量によっても値段は変わってきますが、茶碗1杯分位の量であれば大体150円~200円いかない位となっています。

次にネタですが、こちらは内容にもよって変わってきますが100円~あります。

つまり、値段が高いか安いかについてはその人の裁量次第という事となります。

仮にご飯を200円として、100円のネタを8つ乗せても1,000円となります。

他の地域でもやはり海鮮丼を食べようと思うと1,000円は越えてきますよね。

そう考えるとそこまで高いという事はないでのはないでしょうか。

また、お店でも沢山のネタがのった海鮮丼はやはり値段が高い傾向にあります。

そういった事からも勝手丼はそこまで高いという事はないと思います。

では、何故高いのではないかという声が聞かれるのでしょうか。

その理由はいくつかあると思います。

まず、単価の高いネタを多く選択している可能性があるという点。

例えば『大トロ』であったり『ウニ』などはやはり単価が高い傾向となっています。

例えば1つ500円のネタを2つ選択したらそれだけで1,000円となってしまい、ご飯を入れると1,200円近くなってしまいますよね。

それだけで良いなら問題はないと思います。

しかし、ご飯の上にネタが1つ2つだけと思ってしまうとやはり寂しいと思ってしまいませんか?

そこであれもこれもと乗せていくと高額になっていく傾向にあると思います。

次に『旅行だから』と財布の紐が緩みがちになるという点。

これは勝手丼に限った事ではありませんが、旅行中はやはり『折角だから』『ここでしか』『後で後悔したくないから』と思う事ありませんか?

ちなみに私もこの傾向があります。

値段が決まっている物であれば相対的に『高いからやめておこう』と天秤にかける事ができるかもしれません。

しかし、全ての裁量が自分にある勝手丼では比べにくいと思います。

色々な方の口コミなどを見ていても『ついつい乗せすぎた』『何円分頼んだかわからなくなった』という方が多い印象でした。

その為、後から冷静になって考えてみると『高かったのでは』と思うのかもしれません。

しかし、自分の裁量で価格もネタも選べる勝手丼はそこまで高いと言う事はないでのはないでしょうか。

釧路和商市場
住所 釧路市黒金町13丁目25
営業時間 8:00~17:00
定休日 日曜
駐車場
地下駐車場 2時間無料

 

釧路和商市場で勝手丼を安い方法で食べるコツは?

自分の裁量で決めれる勝手丼ですが、なるべくなら安い方法で食べたいと思いますよね。

そこで、なるべく安く食べられるコツをいくつかご紹介したいと思います。

まず、1つ目に予め予算を決めるという点です。

これは和商市場に行く前にある程度決めておくというのもおすすめかもしれません。

実際にいって色々見てからだとぶれてしまいますからね。

そして、その予算は厳格に守ろうとしないというのもポイントです。

例えば、ネタの予算を1,000円と決めていたら、何がなんでもその予算を守らないといけないと思うとシンドイですよね。

また、折角の旅行なので我慢するというのもちょっと・・・。

なので、予算は数段階に分けて決めておくのが良いかもしれません。

例えば

  1. 目標は1,000円
  2. 1,500円までなら良いかな

予め決めておくことで「ついつい」を少しでも防止できるのではないでしょうか。

金額や上限を決める際に悩んだらお店の値段を参考に決めるというのも1つです。

「あのお店で海鮮丼を食べたら○○円だからこれ位に抑えよう」といった感じですね。

それに加えて『私はどうしても意志が弱いからなぁ』と思う方であれば財布を複数持って行くというのもおすすめ。

キッチリした財布でなくても良いので、100均などで売ってポーチでも良いですしメインの財布以外に使える物がいいですね。

その中に予算を入れて、そこからしか出さない様にすれば予算オーバーする事は少なくなると思います。

しかし、いざという時に困るのでちゃんとメインの財布は持参して下さいね。

次にネタを厳選するという方法です。

美味しそうなネタが並んでいたらあれもこれもと迷ってしまいますよね。

そこで、あれもこれも乗せるのではなくある程度絞って勝手丼を作るという方法です。

例えば、エビが好きな方であれば『甘エビ』や『ブドウエビ』など『エビ』に絞ってしまうという方法があります。

それなら同じ『エビ』の中で値段を比較したり量を調整する事が出来るので比較的安く済む場合があります。

他には『珍しいネタ』に絞るという方法もありだと思います。

例えば先にあげた『ブドウエビ』なんかは珍しいのではないでしょうか?

他には『八角』であったり『時鮭(トキシラズ)』などはあまり内地では見かけないと思います。

ウニやいくら、トロなど新鮮で他の場所で食べるより安価かもしれません。

しかし、他の場所でも食べられそうなネタよりも珍しいネタに絞るというのも良いかもしれません。

そしてクーポンを利用するという方法です。

和商市場ではHPに記載されているクーポンを印刷して持参すると10%引きとなります。

ネタは500円以上除外品もありという条件もありますが、こちらは『1店舗1枚まで』の利用が可能となっています。

このクーポンですがご飯が購入できる4店舗ネタが購入できる4店舗計8店舗で利用ができます。

ご飯は1店舗で良いので5枚持って行けば各店舗で割引が出来るという事になります。

同じお店で購入するのも良いですが、少し高めのネタはクーポンを使って分散するのも良いかもしれません。

よければ参考にしてみて下さいね。

 

釧路和商市場で安い方法で食べるコツは?

和商市場で海鮮を食べたい、でも細かい金額を計算したりするのは面倒。

海鮮は食べたいけど、生の魚ってどうも苦手という方もおられるのではないでしょうか。

そういった方におすすめなのが勝手丼ではなく『勝手定食』にするという方法もあります。

この勝手定食は釧路和商市場内で購入した魚や干物などを持ち込み定食にしてくれるといった物です。

例えば『露風庵』では『魚を焼く料金』と『ご飯』、『味噌汁』、『漬け物』で500円の値段となっています。

そこに購入した魚などの値段となりますので、安く抑える事ができるのではないでしょうか。

生の魚が苦手という方であったり、ちょっと予算がという方にもおすすめとなっています。

ちなみに、私は以前に和商市場で時鮭(トキシラズ)の切り身を勝手定食にした事がありあます。

勝手丼もおすすめですが、この勝手定食も実はおすすめなのでチェックしてみて下さいね。

 

まとめ

今回は、釧路和商市場で勝手丼の値段は高い?安い方法で食べるコツをご紹介させて頂きました。

北海道では他の地域で美味しい海鮮丼を食べる事はできますが、ネタは決まっているお店がほとんど。

このネタはちょっと苦手かな?と思う場合があったりもします。

また、このネタの変わりに好きなネタに変更できたらなぁと思う事も。

その点、勝手丼は自分でネタを選ぶことができるのがやはりいいですね。

私は以前に釧路を訪れた際に和商市場で勝手丼を食べようと思って行きました。

でも、美味しそうなネタを見るとあれもこれもとなって結果的に値段が高いとなってしまったこともありました。

それ以来、なるべく安い方法で食べれないかなと色々コツがないかを考えてみたりもしました。

釧路に訪れた際は和商市場で勝手丼を楽しんでみてはどうでしょうか。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。