札幌

シマエナガ生息地の公園で札幌の場所どこ?見れる時期&時間はいつからいつまで?

シマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?見れる時期&時間はいつからいつまで?
Pocket

北海道にはキタキツネやエゾリス等の多くの可愛い野生動物の生息地となっていますよね。

私も道内で色々な動物に遭遇した事があります。

キタキツネやエゾシカなどは特に頻繁に遭遇しますし、遠くから見てるととても可愛いですよね。

そんな多くの動物がいる中で、特に注目なのがシマエナガ。

数年前より注目されており、またシマエナガの日が制定される程の人気。

そんなシマエナガを実際に見て見たいが実際にシマエナガの生息地とはどこなのでしょうか?

北海道で観光するなら札幌が一番人気だと思います。

そんな札幌の街中や近くの公園等の場所でも見る事ができるのでしょうか?

また、渡り鳥なんかだと見られる時期は限られていますよね。

見られる時期や時間帯とかはあるのでしょうか?

時期があるならそれはいつからいつまでなのか。

そこで今回はシマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?

見れる時期&時間はいつからいつまでかご紹介したいと思います。

 

シマエナガ生息地の公園の場所で札幌ならどこ?

シマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?見れる時期&時間はいつからいつまで?

そもそも、シマエナガの生息地はどこなのでしょうか?

ちなみに、シマエナガは北海道全域で見る事ができます。

また、シマエナガの主食は木に付着している小さな虫であったり、木の種子・樹液などです。

その為、緑の多い公園や神社などで見る事ができます。

では、札幌はどうでしょうか?

札幌には緑の多い公園や神社等が沢山あります。

そこで、目撃のある札幌の公園を順にご紹介していきたいと思います。

 

大通り公園

札幌の公園と言えば真っ先に浮かぶのがこの大通り公園ではないでしょうか?

大通り公園は東西一直線に伸びた公園。

また、雪まつりの会場としても有名ですよね。

しかし、札幌の中心部というだけあってやはり人通りや車も多く通っています。

そんな場所でシマエナガが生息しているのか?と思われます。

しかし、大通り公園でもシマエナガの目撃情報はありました。

大通り公園の近くには『北海道大学 植物園』があります。

恐らくそこから飛んで来たのではないかとの事です。

しかし、目撃情報があると言う事は運が良ければ遭遇できるかもしれないという事ですね。

【アクセス方法】
地下鉄 南北線 さっぽろ駅
大通駅 下車
徒歩 すぐ
【料金】 大人:210円 小人:110円

 

円山公園

円山公園は札幌の中心より少し東に行った所にあります。

北海道神宮や円山動物園のある場所ですね。

名前の通り円山という山の側という事もあり、緑はとても多いです。

また、この公園には野生のエゾリスも生息しており他にも多くの野鳥が見られます。

散歩をしているだけでもとても気持ちの良い公園なので、シマエナガやエゾリスを探してみてはどうでしょうか?

札幌の中心からアクセスも良く、また自然も多い場所なのでこちらの公園では良く目撃されています。

その事からもカメラを持った人とも遭遇する事も多い公園となっています。

【アクセス方法】
地下鉄 南北線 さっぽろ駅
大通駅で東西線に乗換
地下鉄 東西線 大通駅
円山公園駅 下車
徒歩 3番出口から約3分
【料金】 大人250円 小人:130円

 

旭山記念公園

旭山記念公園は円山公園と夜景で有名な藻岩山(もいわやま)の中間位の場所にある公園です。

この旭山記念公園は札幌市内を見渡せる景色がとても綺麗で夜景の有名なスポットの1つとしてに人気のスポット。

こちらの公園でも良くシマエナガが目撃されています。

特に多いのが『森の家』の周辺や『ポートランドの森』の周辺が多いとの事。

森の家の北側にはカラマツ林が多くあり、そこは特に良く目撃されるそうです。

また、森の家では休憩スペースになっています。

金・土・日の週末は売店の営業があったりもしますので、散策に疲れたら休憩できるのも良いですね。

【アクセス方法】
地下鉄 南北線 さっぽろ駅
大通駅で東西線に乗換
地下鉄 東西線 大通駅
円山公園駅で下車
JR北海道バス 旭山公園線(円13)乗車
旭山公園前 で下車
徒歩 約4分
【料金】 大人:460円 小人:240円

 

中島公園

中島公園はすすきのより少し南に行った公園。

こちらの公園にはレトロな建物『豊平館』であったり、綺麗な日本庭園があったりします。

また、中心の『菖蒲池』では夏には貸しボートもあり、鴨やアヒル、鯉などの姿が見られる綺麗な池。

他にも野鳥が多く生息しているので観察できるスポットの1つでもあります。

そんな中島公園でもシマエナガの目撃情報があります。

また、札幌護国神社もありますので、通年楽しめる公園の1つではないでしょうか。

札幌駅からも比較的近いので、一度訪れてみるのも良いと思います。

【アクセス方法】
地下鉄 南北線 さっぽろ駅
中島公園で下車
徒歩 すぐ
【料金】 大人:210円 小人:110円

 

北海道立真駒内公園

こちらの公園は札幌の中心より南にある公園。

地下鉄南北線の南の終点『真駒内駅』から徒歩で約15分程。

また『真駒内セキスイハイムアイスアリーナ』があります。

こちらは多くのアーティストがライブをしたりするので有名ではないでしょうか?

そんな真駒内公園でもシマエナガの目撃情報がありますよ。

【アクセス方法】
地下鉄 南北線 さっぽろ駅
真駒内駅で下車
徒歩 約15分
【料金】 大人:290円 小人:150円

 

西岡公園

こちらの公園は札幌の中心より南にある公園となっています。

クラーク像で有名な『さっぽろ羊ヶ丘展望台』の南西にあるイメージですね。

札幌の中心から少し距離はありますが、自然も多い公園。

多くの野鳥が生息している事から、バードウォッチングをする人にも人気の公園となっています。

また、夏にはホタルが見られるとの事。

水源地と言う事もあり、小さな虫などがいるのでエサは豊富なので多くの野鳥が生息しているのかもしれませんね。

こちらでもシマエナガの目撃情報があります。

【アクセス方法】
地下鉄 南北線 さっぽろ駅
澄川駅で下車
中央バス 西岡環状線 [澄73・74]
西岡水源池 下車
徒歩 すぐ
【料金】 大人:460円 小人:240円

 

滝野すずらん丘陵公園

こちらは札幌の中心部よりかなり離れた位置にあり、お隣の恵庭市に近い公園。

広大な公園では春には約28万球ものチューリップが植えられ、その景色は圧巻。

夏は花を見るだけでなく、サイクリングやバーべキュウー等も楽しめる公園となっています。

冬はスキーや氷瀑などを楽しむ事ができ、春夏秋冬どの季節でも楽しめる公園となっています。

こちらの公園でもシマエナガの目撃情報があります。

【アクセス方法】
地下鉄 南北線 さっぽろ駅
真駒内駅 下車
中央バス 滝野すずらん公園 行き
すずらん公園中央口 下車
徒歩 すぐ
【料金】 大人:740円 小人:380円
【注意】 ※バスの運行は開園期間のみ※

 

モエレ沼公園

モエレ沼公園は札幌の中心より北東にある公園となっています。

こちらは公園というよりは美術館といったイメージでしょうか。

彫刻家の『イサム・ノグチ』さんが手がけたアートパークとなっています。

最大の目玉は『ガラスのピラミッド』でしょうか。

こちらではレストランやギャラリーやお店などの施設が入っています。

とても綺麗で芸術的な場所なので、観光スポットとしてもオススメの場所。

また、こちらでもシマエナガの目撃情報があります。

観光で訪れた際に一緒に探してみるのも良いかもしれませんね。

【アクセス方法】
地下鉄 東豊線 さっぽろ駅
環状通東駅 下車
中央バス 東69・東79 乗車
モエレ沼公園東口 下車
徒歩 約8分
【料金】 大人:460円 小人:240円

 

月寒公園

月寒公園は札幌の中心より少し東にある公園です。

とても広い公園で、野球場やテニスコート、パークゴルフ場もあるとても綺麗な公園となっています。

長い滑りや夏にはボート池での貸しボート等を楽しむ事もできますので、人気の公園となっています。

広い公園であり、水場や自然も多いこの公園でもシマエナガの目撃情報があります。

札幌の中心からも比較的近めの公園なので、訪れてみるのもいいでしょう。

【アクセス方法】
地下鉄 東豊線 さっぽろ駅
美園駅 下車
徒歩 約7分
【料金】 大人250円 小人:130円

 

平岡公園

平岡公園についても札幌の中心から東にある公園です。

どちらかと言えば隣の『北広島』に近い公園という印象です。

こちらの公園の最大の特徴は『梅林』で、春には梅まつりも開かれる程。

とても広い公園でもあります。

湿地遊歩道や遊具広場などもあり、自然も多い公園なのでシーズン通して人気の公園となっています。

そんな平岡公園でもシマエナガの目撃情報があります。

【アクセス方法】
JR 札幌駅
新札幌駅 下車
JR北海道バス 循環新111平岡方面
平岡公園東2丁目 下車
徒歩 約9分
【料金】 大人:550円 小人:280円

 

北海道以外でシマエナガの生息地での場所は?

シマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?見れる時期&時間はいつからいつまで?

とても可愛いシマエナガですが、生息地は北海道以外の場所はあるのでしょうか?

エナガについては本州でも見る事ができます。

エナガは目の上に黒く太い模様が入っているのが特徴。

しかし、シマエナガにはその模様がなく、真っ白でつぶらな瞳が特徴的です。

シマエナガはエナガという種類の鳥の『亜種』となっています。

実はシマエナガは生息地は北海道だけとなっています。

また、動物園などでの飼育も一切ありません。

その事から北海道に行かないと見れない鳥となっています。

 

シマエナガを生息地の札幌の公園で見れる時期はいつからいつまで?

シマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?見れる時期&時間はいつからいつまで?

白鳥等の渡り鳥は特定の時期に見る事ができ、時期によっては大陸に移動してしまい見る事が出来ません。

では、このシマエナガはどうなのでしょうか?

シマエナガは1年を通して生息していますので1年を通して見る事はできます。

しかし、夏場に関しては木々の葉も多くなっていますよね。

その事から見えにくいという状況になってしまいます。

また、注意しないといけないのが『羽毛の色』です。

写真などの真っ白でモフモフの姿をしているのは『冬』である点です。

冬は寒さを防ぐ必要があるので、モフモフの毛に覆われています。

しかし、夏場は寒さを防ぐ必要がないので、羽毛は少なくなります。

色も茶色っぽくなり、細めの『スズメ』の様な印象になってしまいます。

また、冬場は山間部での餌場が少なくなるので、住宅地の公園などに来る事が多くなっています。

なので、夏よりも冬の方が遭遇する確率は高くなるでしょう。

冬場は木々の葉が落ちて視界も良くなります。

それと冬毛になる時期に重なる12月から3月までが一番のベストシーズンではないでしょうか。

丁度この季節は北海道は雪で真っ白になっています。

モフモフの白い毛のシマエナガが飛ぶ姿はまさに『雪の妖精』と言われるのも不思議ではありません。

 

シマエナガを生息地の札幌の公園で見れる時間はいつからいつまで?

シマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?見れる時期&時間はいつからいつまで?

ちなみに、シマエナガはすばやく木々の間を飛び回っています。

一ヵ所に止まらず、常に動き回っているイメージですね。

シマエナガが見れる時間についてですが、やはり餌を食べに来る時間が目撃情報が多い時間となっています。

  • 日の出から昼前
  • 日の入り少し前

この時間帯は目撃情報が多くなっています。

少し早起きして朝から探しに行くというのも良いかもしれませんね。

ちなみに、常に動き回っているイメージのシマエナガですが、どのように見つけたらいいのか?

ポイントの1つは『鳴き声』です。

シマエナガの鳴き声は「ピーッピーッ」『ジュリリ、ジュリリ』と少し特徴があります。

その声を頼りに探してみると良いのいではないでしょうか。

 

まとめ

シマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?見れる時期&時間はいつからいつまで?

今回はシマエナガ生息地の公園は札幌の場所どこ?

見れる時期&時間はいつからいつまで?をご紹介させて頂きました。

シマエナガ、やはり可愛いですよね。

しかし、生息地は北海道だけであり白い姿をみれる時期も冬だけ。

これは冬に北海道に行きたくなってしまいます。

札幌については地下鉄などもあり、冬でも観光しやすいのが特徴となっています。

大通り公園を始め、円山公園や中島公園などはアクセスも良いです。

私は良く、早朝に円山公園に行きシマエナガを探して散策。

その後、北海道神宮に参拝してから帰るという事が多いです。

やはり、朝一番の時間というのは寒いですが気持ちも良いですし、予定も立てやすいです

ちなみに写真はとある1月の午前8時の円山公園の写真ですが、気温がマイナス7.2度。

雪も沢山積もっていました。

しかし、寒かったか?と言われると防寒対策はしていましたが、あまり寒くはなかったです。

シマエナガを探すのにあっちこっち歩いていたら寒さをあまり感じませんでした。

しかし、冬は防寒対策はしっかりした方が良いですね。

実際に探しに行く際はいつからいつまで見られるか確認して行くのがいいですね。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。