MENU

知床

中標津空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?

中標津空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?
Pocket

北海道はかなり広く、車などで移動しようと思っても案外時間がかかったりしますよね。

また、鉄道だと本数が少なかったりするとアクセスが不便だったりも。

そんな中で北海道に旅行などで行こうと思った際によく使われるのはやはり飛行機ではないか?

北海道で空港といえばやはり『新千歳空港』の印象が強いかもしれませんが、北海道の各地に空港もあります。

例えば北海道の東のエリア、道東にあり知床などにも比較的近い中標津空港などがあります。

知床や阿寒湖など自然も多いエリアなので夏も当然注目のエリアでもありします。

また、オホーツク方面は冬は冬で流氷なども注目の場所でもあるので流氷を見に行ってみたいと思う方もいるかと。

しかし、冬の流氷のシーズンともなればやはり気になるのは雪での欠航確率などでは?

折角旅行を楽しみにしていても欠航で行けなくなってしまった、実際に行っても帰れなくなったらどうしよう?と思ったりしますよね。

行けなかったという場合はまだ良いかもしれませんが、一番困るのは帰れなくなった時にどうするかという点。

そこで今回は中標津空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?をご紹介したいと思います。

 

中標津空港の雪での欠航確率は?

知床や阿寒湖など自然が多い道東エリア。

特に冬ともなればオホーツク海には流氷が見られたりもするので冬も見所の多いエリアでもあります。

そんな道東エリアの観光などに便利な空港の1つでもある中標津空港。

そんな中標津空港ですが、冬に利用しようと思うと気になるのはやはり『雪』ですね。

北海道などの雪国であれば冬はやはり雪の問題がありますよね。

実際に行く前に飛行機が欠航という事であればキャンセルなども検討しやすいかもしれません。

しかし、行ってしまった後に雪などで欠航になってしまったらどうしようか困りますよね。

では、中標津空港の欠航率はいったいどれくらいなのか?

色々調べてみましたが、中標津空港の最近の正確な就航率・欠航率などの情報は見当たりませんでした。

しかし、少し古い情報ですが中標津空港の就航率が約98%前後であるという情報がありました。

この数値ですが本土の空港の平均就航率とほぼ等しい数値です。

本土の空港では夏は台風などの影響で欠航になったりする確率は高いと思います。

しかし、冬に雪で欠航になる事ってない場所も多いですよね。

逆に北海道の空港では夏場に台風などで欠航になる可能性は少ないと思いますが冬に雪で欠航になる可能性は高そうです。

1年間の就航率が約98%という事は1年間の欠航率は2%となります。

仮に全ての欠航の理由が冬場の雪という事であると課程しても欠航率は2%。

雪のシーズンが12月から3月の4ヶ月と課程するのであれば雪での欠航確率はかなり低い計算にもなると思います。

 

中標津空港の運行状況は?

中標津空港の就航率は約98%という情報がありましたが、この就航率って運行状況状況によって変わってきますよね。

1年間に100本の飛行機が2本欠航になっても98%、1,000本だと20本欠航になると98%と同じ率でも母数によって全然違いますよね。

また月に100本という事であれば1日約3本の飛行機が運行している事になりますが、1,000本なら1日約30本。

多ければ多い程影響もでる可能性も高くなりますよね。

では、中標津空港の運行状況はどうなのか。

中標津空港の運行便ですが国内線2路線で運行しています。

  • 新千歳空港~中標津空港
  • 羽田空港~中標津空港

この路線のみとなっており、『全日空(ANA)』の運行となっています。

ちなみに2022年10月30日(日)~2023年1月5日(木)の運行状況ですが下記の通り。

札幌(新千歳)→中標津空港
出発時刻 到着時刻
8:05 9:00
12:15 13:05
16:25 17:15
中標津空港→札幌(新千歳)
出発時刻 到着時刻
9:30 10:30
13:35 14:35
17:45 18:45
羽田空港→中標津空港
出発時刻 到着時刻
12:25 14:05
中標津空港→羽田空港
出発時刻 到着時刻
14:45 16:40

上記となっています。

これを見ると1日8本の運行というのがわかりますね。

ちなみに中標津空港の空港の環境ですが比較的良く、保安施設や滑走路も整備延長され2,000mあると。

滑走路の長さは運行できる航空機の大きさにも関係があり、長ければ長いほど大きい航空機が運行できるという印象。

この2,000mの滑走路はワイドボディ機、飛行機の中に通路が2本あるタイプの飛行機ですね。

このワイドボディ機の離陸に最低2,000m必要とされているそうです。

このことから空港の設備はしっかりしているという感じかと思います。

また、この周辺の気象ですが雲の量や霧の発生も少ないという事もありこういった事が中標津空港の就航率は高い理由なのかもしれませんね。

 

中標津空港で雪で帰れない時はどうする?

中標津空港では年間の欠航率も低いの欠航する可能性は低いと思われます。

しかし、いくら低いとはいえ全く欠航しないという訳でもないですよね。

その低い確率に当たってしまい、帰れなくなった際にはどうするか悩みますよね。

そこで帰れなくなった際の方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

別の空港を利用する

まず、真っ先に考えるのは中標津空港以外の空港を利用するという点。

中標津空港の近隣の空港であれば

  • 釧路(たんちょう釧路空港)
  • 女満別空港
  • 帯広空港
  • 旭川空港

これらの空港となると思います。

この中で『旭川空港』『帯広空港』については冬の雪に強い空港となっています。

就航本数も中標津空港よりも多いですが99%近くの運行率がある空港でもあります。

しかし、釧路(たんちょう釧路空港)以外は利用できないと考えた方がいいでしょう。

まず、鉄道で行くという場合ですが一度釧路まで出て、帯広から富良野を経由して旭川というルートになると思います。

一度釧路まで出る事を考えると帯広・旭川まで行かず、釧路(たんちょう釧路空港)を使った方が楽ですよね。

また、雪で欠航している状況でこれだけの長距離を電車で移動となると電車も運休している区間があってもおかしくないでしょう。

また、女満別空港ですがこちらも一度釧路にでて摩周湖の近くを北上するルートになるので先の2つと同じ理由です。

あまりおすすめはしませんが、レンタカーなどで移動・乗り捨てをするというケースもあります。

しかし、雪で欠航するほどの天候なのであまり車での移動はおすすめできませんし、帯広・旭川までの長距離はリスクがあると思います。

女満別・釧路であればどちらも約2時間の距離なので車をというのであればこの2つを検討した方がいいですね。

女満別に向かう場合は内陸の山間部に近い場所を通る事になるので雪の影響は出やすいとも考えられます。

しかし、釧路であれば海側で太平洋側という事もあり比較的雪も少なめの地域でもあります。

こういった事から他の空港を利用するのであれば『釧路(たんちょう釧路空港)』を検討した方がいいでしょう。

 

航空券の振替

他の空港に移動ができないという場合ですが、真っ先にしなければいけないのはやはり航空券の振替です。

中標津空港の運行の本数は元々少な目という事もあります。

元々の予約者もいる中で時間が早い便から埋まる傾向にもあるのでこれはなるべく早いタイミングで行う方がいいですね。

 

宿泊先の確保

航空券の振替と同じ位重要なのはやはり宿泊先の確保ではないかと。

しかし、こちらについては少し後回しにしても良いと思われます。

まず、飛行機が欠航しているので新しく来る客というのはいないと考えられますよね。

その事からも航空券の振替の後にしても良いと思います。

 

まとめ

今回は中標津空港の雪での欠航確率は?帰れない時はどうする?をご紹介させていただきました。

中標津空港は道東観光の際には便利な空港でもありますよね。

知床や摩周湖・阿寒湖などへのアクセスは良いと思います。

また、雪の降る冬場は流氷なども楽しむ事ができますし羅臼ではウニの時期でもありますよね。

夏は夏で素晴らしいっですが冬の知床なども素晴らしい景色を見る事ができると思います。

しかし、冬の北海道はやはり雪で帰れない時どうするか考えておかなければいけませんよね。

これは中標津空港だけでなく北海道全域どこでも同じかもしれません。

しかし、北海道内の空港での欠航確率は高くない空港が多いという印象もあります。

雪は気になりますが冬の北海道はとても魅力的でもありますので是非、冬の北海道を旅行してみてはどうでしょう。

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<