千歳

新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?格安の選び方も徹底調査!

新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?格安の選び方も徹底調査!
Pocket

北海道を旅行をする際に色々考える事があり、そんな北海道旅行で考える事の中には移動方法などはないでしょうか。

北海道旅行では多くの方がレンタカーを利用するかと。

北海道は各エリアがとても広いので移動手段としてとても便利ですよね。

特に新千歳空港は北海道の中で主要な空港エリアという事で利用する人も多いのではないでしょうか。

その為、北海道旅行をする際に利用する方も多いとので会社も沢山。

北海道内の各エリアはとても広いので借りた場所に返却するのはちょっと手間かな?という事もあったりしますよね。

そういった際に便利なのが『乗り捨て』というシステム。

乗り捨ては借りた所ではなく、北海道内別のエリアの店舗に返却可能なこのシステムはエリアの広い北海道を移動する際には結構便利だったり。

そんな北海道で乗り捨てを料金が無料でできるのはどこか、そういった際の格安の選び方はあるのでしょうか?

そこで今回は新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?格安の選び方も徹底調査!をご紹介したいと思います。

 

新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?

新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?格安の選び方も徹底調査!

各エリアが広い北海道を移動する際に便利なのはやはり車ですよね。

北海道旅行のプランを考える時に借りた場所のエリアに返さなければグルッと回らなければいけません。

例えば、北海道には新千歳を利用して函館エリアに行くとなれば借りた場所で返すより、函館で返却する方が楽だったりも。

他には札幌周辺のみ利用して札幌からの移動は電車や高速バスを使うという様な時も札幌で返して移動の方が楽だったり。

そういった際に便利なのがこの『乗り捨て』というシステム、ワンウェイシステムとも言われるそうです。

こういった乗り捨てオプション料金がかかるのでは?と思いまいますよね。

では、新千歳で乗り捨て料金が無料の会社はあるのでしょうか?

まず、空港内にカウンターのある会社を見てみましょう。

トヨタレンタカー(ポプラ店) タイムズカーレンタル
トヨタレンタカー(すずらん店) オリックスレンタカー
日産レンタカー バジェットレンタカー
ホンダレンタカー ワールドネットレンタカー
ニッポンレンタカー OTSレンタカー
JR駅レンタカー スズキレンタカー北海道

受付カウンターがある会社はこういった会社ではないでしょうか。

ちなみにカウンターの場所は下記です。

  • 国内線ターミナル1F1番到着口とターミナル中央の間
  • 国際線ターミナルの1F中央付近

空港内にはカウンターはありませんが、近隣の店舗で利用しやすい会社も沢山です。

新千歳空港ファミリーレンタカー本店 トラベルレンタカー新千歳空港店
ワンズレンタカー(新千歳)新千歳空港店 Jネットレンタカー新千歳空港店
北海道トラベルレンタカー新千歳空港営業所 ニックウレンタカー新千歳空港店
ニコニコレンタカー カースタレンタカー

一例ですがこういった会社が。

こういった会社は空港内にはカウンターはありませんが無料で送迎してくれるのは他の会社と同じなので安心ですね。

ではこの中で乗り捨てが料金が無料の会社があるかという点で、完全無料の会社はありませんでした。

しかし条件付きですが『一部エリア間』という会社はありました。

そこで会社毎で乗り捨てはどこまでなのか見ていこうと思います。

 

トヨタレンタカー(ポプラ店・すずらん店)

まず『トヨタレンタカー』で『新千歳』~『札幌』間の乗り捨てであれば追加料金がかかりませんでした。

それ以外のエリアで乗り捨てについては他社と同じく料金がかかる仕組みですね。

やはり、乗り捨てはオプション料金という感じなので乗り捨てする場所(エリア)によって料金がかかるという感じですね。

新千歳空港からレンタル
エリア 店舗 料金
函館エリア 函館市内・函館空港 9,900円
室蘭・ニセコエリア 室蘭市内・伊達・ニセコ 5,500円
千歳・苫小牧エリア 新千歳空港・苫小牧 0円
札幌・小樽エリア 札幌市内・岩見沢・滝川・小樽・江別・砂川・北広島 1,650円
新ひだか静内エリア 新ひだか静内 5,500円
旭川エリア 旭川市内・旭川空港・富良野・深川 5,500円
トマムエリア トマム 5,500円
留萌・名寄エリア 留萌・名寄・士別 5,500円
稚内エリア 稚内・稚内空港 9,900円
紋別エリア 紋別 9,900円
北見・女満別エリア 北見市内・女満別空港・網走 9,900円
帯広エリア 帯広市内・帯広空港 7,700円
釧路エリア 釧路市内・釧路空港 9,900円
中標津・根室エリア 中標津空港・根室 9,900円
※乗用車・スペシャルプレミアムクラス(LXC/LXPを除く)

特に札幌エリアは広い印象が。

札幌の市内に多く、札幌の周囲の小樽であったり岩見沢や滝川など旭川方面であったり北広島など空港方面など結構細かく対応してますね。

札幌以外でも北海道内各主要な空港であったり中核都市などに店舗があり、色々な場所で乗り捨て可能な印象が。

1つ注意点が、それが返却出来るのがそれぞれ異なるという事です。

名前は同じ『トヨタ』ですが

  • すずらんはトヨタレンタリース新札幌
  • ポプラはトヨタレンタリース札幌

例えば札幌の『札幌駅北口』で返却したいと思った場合、こちらは『トヨタレンタリース新札幌』となるので『すずらん』でレンタルしなければいけません。

『札幌駅前』で返却するという場合であれば『ポプラ』という感じですね。

特に札幌駅周辺にはいくつか『札幌』と付くので要注意です。

  • 札幌駅北口
  • 札幌駅南口
  • 札幌駅前
  • 地下鉄さっぽろ駅前

また、札幌と新札幌についても距離なので注意。

余談ですが札幌と新札幌は直線でも約10km程。

関東だと『横浜と新横浜』、関西なら『大阪と新大阪』や『神戸と新神戸』というイメージですね。

しかし、これらは直線でも約3~4kmなので『札幌と新札幌』はその倍という事です。

ちなみに、『ポプラ』と『すずらん』の違いについては別記事にもまとめていますので良ければそちらをご参照下さい。

 

日産レンタカー

日産レンタカーについてですが『20kmまでの区間』は無料との事でした。

ちなみに空港から直線で20kmの距離だと大体『苫小牧』や『輪厚』このあたりまでとなります。

しかし、この距離に営業所がないので乗り捨てが可能という場所はなさそうです。

札幌エリアまで利用しようと思っても乗り捨てだと有料になってしまいますね。

ちなみに札幌以外で他の函館エリアや旭川エリア・帯広エリア、釧路エリアなどへの乗り捨ては有料ですが可能。

新千歳空港からレンタル
エリア 店舗 料金
函館エリア 函館、函館空港、新函館北斗 13,200円
千歳エリア 0円
札幌エリア 札幌市内(札幌駅東口・白石 など) 3,300円
旭川エリア 旭川駅前・旭川空港 8,800円
稚内エリア 稚内空港 13,200円
北見エリア 北見 13,200円
帯広エリア 帯広駅前・帯広空港 11,000円
釧路エリア 釧路駅前・釧路空港 13,200円
中標津エリア 女満別空港・中標津空港 13,200円
※ワゴン・SUV・トラックなどは料金に+1,100円

この料金だけみると高いかな?と思ったりしますが新千歳からレンタルして高速を使って往復した方が実は安かったり。

例えば函館ですが『新千歳空港IC』から函館エリアの有料区間の終着『大沼公園』まで高速を使った際ですが普通車料金が5,530円かかる計算になります。

つまり往復だと高速の料金が11,060円なので函館で乗り捨てのだと気持ち高めですがその分戻って来る時間も有効に使えたりも。

また、ガソリンについても乗り捨ての方がお得ではないでしょうか。

 

ホンダレンタカー

ホンダレンタカーですが、無料の料金で利用出来る区間であったりブロックはどうやらなさそうでした。

ちなみに有料の料金なのは札幌エリア近郊と函館エリア若しくは旭川エリアこのエリアになっているみたいです。

 

ニッポンレンタカー

ニッポンレンタカーですがこちらは『同じブロック内』であれば無料で乗り捨てが可能です。

  • 函館
  • 室蘭
  • 千歳苫小牧
  • 札幌
  • 旭川
  • 稚内
  • 紋別
  • 女満別
  • 帯広
  • 釧路
  • 中標津

各空港の場所という感じですね。

新千歳空港のエリアであれば『千歳エリア(千歳市、苫小牧市)』の店舗で苫小牧であれば無料で乗り捨ては可能です。

他のエリアですがこちらは料金は有料ですが北は稚内から南は函館や帯広、東は釧路と各空港のあるエリアで利用できそうです。

料金については返却エリアによって当然異なります。

新千歳空港からレンタル
エリア 店舗 料金
函館エリア 函館市・北斗市 9,900円
室蘭エリア 室蘭市 6,600円
千歳・苫小牧エリア 千歳市・苫小牧市 0円
札幌エリア 札幌市 1,650円
旭川エリア 旭川市・上川郡 7,700円
稚内エリア 稚内市 12,100円
紋別エリア 紋別市 11,000円
女満別エリア 北見市・網走市・網走郡 11,000円
帯広エリア 帯広市 7,700円
釧路エリア 釧路市 9,900円
中標津エリア 標津郡 11,000円
※ワゴン車・トラックは料金+1,100円

 

JR駅レンタカー

『JR駅レンタカー』は同じブロック内であれば無料で乗り捨てが可能となっています。

例えば、札幌ブロックですが営業所は『札幌』と『小樽』で同じブロック内なのでこの間での乗り捨てであれば無料という事です。

函館エリアであれば『函館・函館空港・新函館北斗』の3カ所なのでこの間でという事ですね。

ちなみに余談ですが『木古内』ですがこちらは函館市の西側にあたり、松前との丁度中間位の位置になります。

そしてブロックが異なる際ですがこういった体系となっているそうです。

新千歳空港からレンタル
エリア 店舗 料金
函館エリア 函館、函館空港、新函館北斗 11,000円
札幌エリア 札幌、小樽 1,100円
千歳エリア 千歳市 0円
室蘭エリア 東室蘭、洞爺 3,300円
旭川エリア 旭川、富良野、旭川空港 7,700円
稚内エリア 稚内空港 12,100円
北見エリア 北見、網走、女満別空港 12,100円
帯広エリア 帯広、帯広空港 8,800円
釧路エリア 釧路エリア 11,000円
木古内エリア 木古内 13,200円

 

オリックスレンタカー

オリックスレンタカーですがこちらも各ブロックによって値段が変わるという感じです。

ちなみに千歳ブロック『新千歳空港店~苫小牧店』であれば乗り捨ての料金が無料でした。

そして他のエリアですが他社と同じで有料ですが札幌エリア・旭川エリア・帯広エリア・釧路エリアなどで乗り捨てが可能です。

新千歳空港から
エリア 店舗 料金
函館エリア 函館駅前・函館空港・津軽海峡フェリーターミナル・新函館北斗 11,000円
札幌エリア 札幌市内(札幌駅前・札幌南6条 など) 1,100円
千歳エリア 苫小牧 0円
旭川エリア 旭川空港・旭川駅前 6,600円
帯広エリア 帯広空港・帯広駅・帯広西2条 7,700円
北見・女満別エリア 北見・女満別空港 11,000円
釧路エリア 釧路空港・釧路駅前 11,000円
中標津エリア 中標津空港 11,000円

 

タイムズカーレンタル

次にタイムズですが、こちらも北海道内の各エリアに別れており同じエリア内であれば乗り捨て料金がかからないという感じでした。

例えば札幌エリアで利用して札幌エリアで返却する際は通常の料金だけで良いという感じですね。

新千歳空港から
エリア 店舗 料金
木古内エリア 木古内駅前 13,200円
函館エリア 函館駅前・函館空港・新函館北斗 13,200円
千歳エリア 室蘭・苫小牧 無料
札幌エリア 札幌市内(札幌駅前・札幌時計台前 など) 1,650円
小樽エリア 小樽 1,925円
旭川エリア 旭川空港・旭川駅前 6,600円
稚内エリア 稚内駅前・稚内空港 11,000円
帯広エリア 帯広空港・帯広駅前 8,800円
北見・女満別エリア 北見駅前・女満別空港 11,000円
釧路エリア 釧路駅前・釧路空港 11,000円
中標津エリア 中標津空港 11,000円
※軽・乗用車・ライトバン

他の会社では札幌と小樽が同じという会社もありますがタイムズの特徴としては札幌と小樽が別という点ではないでしょうか。

また、エリア数も多いも特徴のだと思います。

 

新千歳空港でレンタカーを格安の選び方は?

新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?格安の選び方も徹底調査!

北海道の玄関口といっても過言ではない新千歳空港、には多くの会社がありますよね。

会社が沢山で正直どこの会社を選ぼうか色々迷ってしまったり・・・。

同じ利用するのであればなるべく格安で利用したいですよね。

では、新千歳空港でを格安で借りる選び方はあるのでしょうか。

まず、の予約ですが

  • 各レンタカー会社の公式から予約
  • 旅行会社のサイトから予約
  • レンタカー比較サイトから予約

予約をするのであればこういった所から予約をするのではないでしょうか。

では、どこで予約するのが一番格安となっているのでしょうか。

ちなみに、同じ条件であれば料金はどどこで予約しても変わらないという事が多いです。

シーズンや借りる条件(時間・車種)、予約のタイミングなどによっても変わってきますが条件を同じにして各サイトで検索してみました。

条件として

  • トヨタレンタカー(ポプラ店)
  • 1週間後にレンタル予定
  • 期間は1日(11:00~17:00)の6時間
  • 車種(ヤリス・ヴィッツ・ルーミー他)のプラン
トヨタレンタカー(公式)で予約 5,500円
楽天トラベル(旅行会社)で予約 5,500円
じゃらん(旅行会社)で予約 5,500円
旅楽(比較サイト)で予約 6,600円
sky ticket(比較サイト)で予約 6,600円

上記は一部ですがレンタカー会社の公式サイトから予約しても旅行会社から予約しても料金は変わりませんでした。

これはこ会社だけでは?と思われますが他の会社、例えば『日産レンタカー』などでも同様に調べてみると同じでした。

では、格安料金で予約ですが私のおすすめは『楽天トラベル』です。

まず、レンタカー会社の公式からの予約と旅行会社からの予約では料金は基本変わりません。

そうなると料金だけでなく、そこにプラスされるサービスであったり割引などが多い方が得ですよね。

楽天トラベルですが定期的にお得な『楽天スーパーSALE』であったり『5と0の日は5%OFF』とキャンペーンが多い特徴が。

また、『ポイント10倍』が付くのお得プランがある上にクーポンとの併用でかなりお得に。

例えば、10,000円のプランで10倍のプランを利用すれば1,000ポイントも貰えます。

また、それに加えてクーポンを利用する事もでき、さらにお得という仕組みだったりも。

このポイントの付与が大きいと言うのは結果的にとてもお得ですよね。

楽天市場で色々な商品を購入する際に使ったり、次の旅行の予約の際にポイントで割り引きするなど利用方法は実に多いのが特徴。

ポイントを貯めても使わずにそのままにして失効するのであれば普段のお買い物に利用が便利ではないでしょうか。

そういった点からもポイントが貯まりやすく、色々使い道がある楽天トラベルで予約が一番おすすめですよ。

 

まとめ

新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?格安の選び方も徹底調査!

今回は新千歳空港レンタカー乗り捨てが無料でできるのはどこ?格安の選び方も徹底調査!をご紹介させて頂きました。

新千歳空港には多くのレンタカーの会社が、そしてどこの会社を選ぼうか迷ってしまいますよね。

同じ利用するのであれば格安で利用したいので選び方も重要ですよね。

また、北海道では移動距離も長いので乗り捨てができるのは本当に便利ですよね。

私も、以前新千歳で借りて函館で返却をした事がありましたが函館って高速を使っても片道3時間30分近くかかったり。

往復だと休憩の時間をいれると半日は時間が必要になりますよね。

そうなると予定を立てる時も結構色々考えなけばいけなかったりも。

しかし、無料でなくても乗り捨てが出来るのであれば予定が立てやすいというのもあるのでとても便利ですね。

北海道でレンタカーを利用する際に参考にしてみて下さい。

※料金・サービスは変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。