観光

札幌初日の出2023穴場の場所どこ?何時から行くのが良いかも徹底調査!

札幌初日の出2023穴場の場所どこ?何時から行くのが良いかも徹底調査!
Pocket

一年の始まりのお正月。

2022年ももうすぐ終わり、新しい2023年が段々と近づいてきていると感じるようにもなってきたのではないでしょうか。

年末年始は色々忙しいという方も多かったりしますが、お正月位はのんびり・・・という方も。

そんなお正月ですが、楽しみはいくつもあると思いますが、その1つに初日の出を見るというのがあるのではないでしょうか。

そんな初日の出ですが実際に見に行こうと思った際に気になるにはどこに見に行こうかという点ではないでしょうか。

初日の出は見に行きたいけど、遠出するのはちょっと面倒って思ったりもしますよね。

なるべく近場で穴場の場所があれば手軽に楽しめるのにと思ったりしますよね。

北海道内、色々な場所がありますがその中でも多くの人が集まるのがやはり札幌。

そんな札幌で初日の出を見る穴場の場所がどこか、また何時から行くのが良いかを調べてみました。

そこで今回は札幌初日の出2023穴場の場所どこ?何時から行くのが良いかも徹底調査!をご紹介したいと思います。

ちなみに日の出なの見に行った際にはスマホで写真撮影などする方は多いですよね。

折角撮影した写真をそのまま置いておくのも良いですが折角の思い出をそのままにしておくのは勿体ないかと。

そうった際に便利なのが『プリントスクエア』というアプリ。

このアプリ、無料で利用できるという事でもありますが実は月10枚迄無料で印刷注文が可能。

簡単にオリジナルのアルバムの作れるので記念にオリジナルのアルバムも作ってみてはどうでしょうか。

\無料アプリで毎月10枚無料/プリントスクエア>>プリントスクエアで印刷する<<

 

札幌初日の出2023穴場の場所どこ?

初日の出を見に行こうと思うとやはり海辺であったり、山など標高の高い所を選んだりしますよね。

そっちの方が見晴らしも良く、日の出も良く見えたりしますよね。

ではそんな日の出を札幌で見るのであれば穴場の場所があるのか、どこか調べてみましたのでご紹介したいと思います。

 

藻岩山

まず、ご紹介したいのは夜景でも定番の藻岩山です。

札幌の夜景を見るならこの場所という位、有名な場所でもありますよね。

そんな藻岩山なので初日の出を見るのにも最適なロケーションでもあります。

しかし、気になるのは山頂までのアクセスですよね。

藻岩山は夜景などのロケーションが抜群に良いので朝日を見るのにも最適であろうと思いますが、展望台まではロープウェイなどを利用します。

そもそも、そんな早朝から営業ってしているの?と思ってしまいます。

藻岩山のロープウェイですが『初日の出特別運行』を予定されています。

普段、早朝の藻岩山に行く機会はあまりないと思われますので早朝の札幌の景色や初日の出を見て見てはどうでしょうか?

藻岩山 山頂展望台
住所 北海道札幌市南区藻岩山1
もいわ山頂駅
営業時間 2023年1月1日
ロープウェイ 5:00~10:00(上り最終 9:30)
料金 大人(往復):2,100円
小人(往復):1,050円

 

JRタワー展望室T38

次にご紹介するのは『JRタワー展望室T38』です。

こちらのスポットも札幌の夜景で有名な場所でもありますよね。

また、札幌駅直結という事もあるのでアクセスもとても良いという特徴もあります。

しかし、札幌駅直結という点であったり商業施設なので日の出の時間帯でもある早朝ってどうなのかな?と思いますよね。

この『JRタワー展望室T38』についても『そらの初日の出@T38』というイベントの開催を予定されています。

その為、正月は早朝6時から営業を予定されています。

アクセスもとても良いという特徴もありますが、屋内から日の出を楽しめるという特徴のあります。

初日の出を見に行きたいけど寒いのはちょっとという方にはおすすめかもしれませんよ。

JRタワー展望室T38
住所 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5
札幌ステラプレイス イースト38F
営業時間 2023年1月1日
6:00~10:00(最終入場9:30)
料金 大人:740円
中高生:540円
小学生・幼児(4歳~):320円

 

サッポロテイネスキー場

『サッポロテイネスキー場』は札幌の西側にあるスキー場。

札幌の中心からも比較的近いという事もあり、人気のスキー場の1つでもあります。

ゲレンデは東向きという点であったり、スキー場という事もあるので日の出を見るのにも最適な場所ではないでしょうか。

しかしこういった施設はやはり営業時間がネックになる場合が多いですよね。

このサッポロテイネスキー場では毎年お正月には『迎春 初日の出・初すべり企画』が開催されています。

山頂行のリフトは6:30からの営業という事もあり、初日の出を見ながらスキーを楽しむ事ができるのが最大の特徴。

また、山頂には『手稲神社奥宮』もあるので初日の出とスキーと一緒に初詣をという事もできます。

過去の開催時には『豚汁無料配布」・「もちまき」等のイベントも開催されていましたが、2023年はこうったイベントは中止との事なので注意ですね。

サッポロテイネスキー場
住所 北海道札幌市手稲区手稲本町593-3
営業時間 2023年1月1日
リフト 6:30~
料金 午前特別券(6:30~12:00):3,900円
特別券(リフト1回):2,000円

 

旭山記念公園

旭山記念公園は藻岩山の北側にある、こちらも夜景でも有名な公園です。

夜景が綺麗に見えるという事もあり、朝日を見るのにも最適なスポットでもあります。

先にご紹介した場所はそれぞれ営業時間であったり入場料や料金がかかったりする場所が多かったですよね。

しかし、こちらは普通の公園という事もあるので特に営業時間があるという訳ではありません。

入場料がかかるという事もないので気軽に行くことができるというスポットではないでしょうか。

ちなみに駐車場についてもあり、朝6時から利用する事ができるので日の出を見るのにも最適な場所ではないでしょうか。

旭山記念公園
住所 北海道札幌市中央区界川4丁目1−3
営業時間(駐車場) 6:00~22:00

 

札幌飛行場(丘珠空港)

次にご紹介するのは札幌にある空港、『札幌飛行場(丘珠空港)』です。

空港と初日の出とあまり関係の無いようにも思いますが、空港ってとても開けていて広いですよね。

そして、空港には展望デッキなど景色を見る事ができる空港も多い特徴があります。

そんな空港なので札幌飛行場(丘珠空港)についても同様に展望デッキがあります。

その事からも初日の出を見る場所としても最適ではないでしょうか。

また、空港施設の利用時間についても『6:30~20:30』となっている事から初日の出を見る時間にも十分間に合う時間帯。

空港という場所もあるので初日の出を見るという点で言えばかなりの穴場になるのではないでしょうか。

また、2022年のお正月には空港の売店で先着30個限定の「新春福袋」を販売されていました。

初日の出を見て福袋を買って帰るというのもまた良いかもしれませんよ。

札幌飛行場(丘珠空港)
住所 北海道札幌市東区丘珠町
営業時間 6:30~20:30

 

札幌初日の出2023穴場は何時から行くのが良い?

1年の始まりの初日の出。

日の出は毎日の事かもしれませんが、なんだかこの日だけは特別感がありますよね。

そんな初日の出ですが、実際に見に行こうと思うのであれば何時に行くのが良いのでしょうか。

まず、札幌の初日の出の予定時刻ですが『7:05頃』とされています。

その事から実際に行くのであれば6時~6時30分頃に到着するように行った方が良いと思います。

これまでにご紹介した場所ですが、札幌の中心から比較的近めの場所も多い特徴もあります。

そこまで早くから行くという事はしなくても良いと思います。

また、元日の営業時間についてもこの時間帯からという場所も多い印象ですよね。

あまりに早く行き過ぎても結局、現地で待たなければいけないのは同じ事になります。

そういった点からも営業開始時間にあたる6時~6時30分頃に到着するのが良いと考えられます。

\無料アプリで毎月10枚無料/プリントスクエア>>プリントスクエアで印刷する<<

 

まとめ

今回は札幌初日の出2023穴場の場所どこ?何時から行くのが良いかも徹底調査!をご紹介させていただきました。

札幌で初日の出を見ようと思っても実際に見れる場所って実際は少ないのでは?と思っていました。

しかし、調べてみると案外穴場の場所も多く、また初日の出のタイミングでは特別営業などを行っている場所も多いのにビックリでした。

特に、藻岩山であったり、JRタワー展望室T38から見る事ができそうなのはとても良いですね。

こういった場所ではやはり夜景を見る事はできても朝日を見るという機会はおそらくないと思います。

そう考えると是非、こういった場所から見てみたいですね。

2023年は初日の出を見に出かけって見てはどうでしょうか。

その際は何時から行くのが良いかも参考にしてみて下さいね。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。

\無料アプリで毎月10枚無料/プリントスクエア>>プリントスクエアで印刷する<<

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<