観光

札幌雪まつりの所要時間は何分?おすすめ観光ルートを徹底調査!

札幌雪まつりの所要時間は何分?おすすめ観光ルートを徹底調査!
Pocket

北海道は一年を通して魅力がある場所ではないでしょうか。

おいしいグルメも沢山ありますし、旬の時期も当然ながら当然異なっていますよね。

また、景色についてもそれぞれの季節でしか楽しめないという物も多くあります。

そんな北海道ですが特に魅力のある時期と言えばやはり冬ではないかと思います。

雪で一面が白い世界になるこの時期は夜景なども綺麗だったりスキーを楽しんだりできますね。

そんな冬の時期の最大の魅力と言えばやはり札幌で開催される雪まつりではないでしょうか?

毎年多くの観光客が訪れる注目のイベントなので毎年行くという方、今年は行ってみたいと思う方もいるかと。

そんな札幌雪まつりですが札幌雪まつりだけでなく、他に観光もしようと思いますよね。

そうなると雪まつりの所要時間は何分くらいでみておけばいいのでしょうか?

また、おすすめのルートはどうなのか気になりませんか?

そこで今回は札幌雪まつりの所要時間は何分?おすすめ観光ルートを徹底調査をご紹介したいと思います。

 

札幌雪まつりの所要時間は何分?

札幌の冬の代名詞でもある札幌雪まつり、毎年多くの方が楽しみにしている札幌のイベントではないでしょうか?

そんな

札幌雪まつりですが、実際に行く際に札幌雪まつりだけ楽しむという方より他の場所も一緒に観光する方が多いのでは?

しかし、他の場所も観光しようと思った際にはスケジュールを考えなければいけませんよね。

そうなるとやはり時間配分が重要になってきます。

では、札幌ゆきまつりの所要時間は何分位みておけばいいのでしょうか?

ちなみに、札幌ゆきまつりの所要時間ですが大通会場・すすきの会場であれば2時間00分~3時間30分位はあった方が良いと思います。

まず、札幌雪まつりの会場ですが

  • 大通会場
  • すすきの会場
  • つどーむ会場

この3か所で毎年開催されています。

この3会場のうち大通会場は雪像、すすきの会場は氷像の展示となっておりお互い近い場所となっています。

まず、大通会場ですが名前の通り『大通公園』が会場となっていますので大通1丁目〜12丁目の区間、約1.5kmとなっています。

そして各丁によって趣旨が異なっているのも特徴だったりします。

例えば前回開催された2020年はテレビ塔がある1丁目はスケートリンク、2丁目はゴールデンカムイ、3丁目はスキーのジャンプ台といった感じでした。

その為、雪像だけ見て楽しむという場合でも展示してる区画も多いので結構時間がかかったりします。

また折角の雪まつりなので写真を撮影とかしたりもしますよね。

そして、前回は感染症の対策で会場は一方通行での鑑賞となっていました。

公園の北側は西向き(12丁目方面)の一方通行、南側は東向き(テレビ塔方面)への一方通行といった仕組みですね。

その為、その区画の反対側を見ようと思ったら一度区画の外に出て移動する必要もあったりします。

その為、全部見ようと思うと北側もしくは南側を端から端まで見て往復するのが一番効率がいいとも言えますよね。

1.5kmの区間の往復なので約3kmのとなるので何もない時でも1時間近くはかかる計算にならないでしょうか?

そこに写真を撮りながら、雪像を見ながら、雪上という条件も加わりますし屋台や売店などもあったりします。

そういった所でグルメやお土産を見たりする時間も発生しますよね。

その事からも大通会場だけ楽しむ場合でも2時間はみておいた方が良いと思います。

そして近くのすすきの会場ですが、こちらは南北となっており西4丁目線の南4条通り~南7条通りの区間となっています。

大通り会場に比べて区間は短いですが、氷像の数はかなり多かったりもしますので見どころも満載。

こちらも東向き・西向きで氷像が異なるのでやはり往復するのが効率が良いですね。

区画も短めなので往復30分~40分位見ておけばいいかと思います。

その点から最低でも

  • 大通会場のみ:2時間~2時間30分
  • すすきの会場のみ:30分~1時間
  • 両方:2時間30分~3時間30分

これくらいで考えておけばいいと思います。

そしてつどーむ会場は氷の滑り台やチューブスライダーなどアクティビティを楽しむ会場となっています。

特に子供連れには人気の会場ですが雪あそびという事もあるのでやはり3時間~半日位みておいた方良いかもしれません。

ちなみに、2023年ですが

2023年大通会場 雪像設置場所
2丁目 中雪像:雪ミク 冬麗(ふゆうらら) Ver.
4丁目 大雪像:白亜紀の北海道
5丁目 大雪像:疾走するサラブレッド
6丁目 小雪像:『遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!』ユウディアス・ベルギャー
7丁目 大雪像:エンブリー荘
8丁目 大雪像:豊平館
10丁目 大雪像:ボールパーク“Fビレッジ”
  • 大通会場は『西1丁目から西10丁目』の区間
  • つどーむ会場は中止
  • 屋台の出店は中止

となっていますので注意です。

 

札幌雪まつりのおすすめ観光ルートは?

北海道の観光地としても人気の札幌。

人気スポットも比較的近い場所に集約されているので冬でも観光しやすいという特徴もあります。

その事からも札幌雪まつりに行った際には他の観光スポットも一緒に観光するという方も多いと思います。

そこで札幌雪まつりのおすすめの観光ルートを少しご紹介したいと思います。

  1. 札幌駅
  2. 赤レンガ庁舎(館内改装中)
  3. 札幌時計台
  4. 札幌テレビ塔
  5. 大通公園3丁目(南側)
  6. 大通会場1丁目(西向き)
  7. 大通会場11丁目
  8. 大通会場4丁目(東向き)
  9. すすきの会場
  10. 藻岩山

やはり札幌の観光スポットの定番と言えば『赤レンガ庁舎』『時計台』『テレビ塔』『大通公園』『藻岩山』ですよね。

藻岩山以外はある程度固まっているので観光しやすい特徴があります。

そこで、駅からなるべく一筆書きに観光できるルートが一番効率が良いと思われます。

雪まつりの会場ですが感染症対策の観点から今後の一方通行になると考えられます。

その事から時計台があるので1丁目から11丁目までの西向きを北側から見るのが良いと思います。

時計台からテレビ塔で言って往復するのも良いのですが、すすきの会場へは3丁目・4丁目のある交差点を南に行く事になります。

そうなると1丁目~3丁目の南側が見れないという自体になるので、時計台を見たあとは3丁目会場の南端から東向きにテレビ塔へ。

そうすれば全てみる事ができ、重複する部分は3丁目の北側だけと最小で済むと思います。

そしてすすきの会場を南北に見たら市電のすすきの駅が近いのでそのまま市電で藻岩山に向かい夜景を楽しむとう事もできます。

また、帰りもすすきの駅で降りればすすきのエリアでの夕食も可能ですのでおすすめのルートの1つだと思います。

 

まとめ

今回は札幌雪まつりの所要時間は何分?おすすめ観光ルートを徹底調査!をご紹介させていただきました。

札幌雪まつりは北海道の冬のイベントでもかなり注目されているイベント。

また、2023年は3年ぶりの開催という事もあるので特に注目している方もいるのではないでしょうか?

そんな札幌雪まつりですが札幌雪まつりだけでなく他の場所の観光もと考える方も多いと思います。

ちなみに、私もそうですねw

一番のメインは札幌雪まつりなので所要時間は何分にするか結構悩んだりもしていました。

今回ご紹介させていただいたおすすめの観光ルートは一部分でもあります。

2泊3日であれば小樽観光も一緒にするというのもおすすめだったりします。

札幌は冬でも観光しやすいのが特徴となっていますので、札幌雪まつりと札幌観光を楽しんでみてはどうでしょうか?

2022年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2022年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2022年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\申請期限は1月10日迄/

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<