なして北海道

本ページはプロモーションが含まれています

観光

北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?レンタカーでの観光もご紹介!

北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?レンタカーでの観光もご紹介!
Pocket

広大な景色に美味しいグルメ、魅力の宝庫でもある北海道。

そんな北海道はとても広いので旅行や観光に行こうと思ったらどこのエリアに行こうかと悩んでしまいますよね。

知床など大自然が楽しめる道東であったり、酪農王国でもある十勝や帯広エリア。

海岸線のドライブなどが気持ちが良い道北であったり、札幌などの道央。

どこも人気のエリアですが、その中でも人気のエリアの1つに道南エリアも勿論あると思います。

この道南エリアの観光ではやはり函館を中心になると思います。

函館は人気の観光スポットが集約されていると言うこともあって1泊2日や2泊3日でも十分楽しめたりします。

しかし、もう少しゆっくり観光したいなと思うとやはり3泊4日位でと考える方もいるのではないでしょうか。

観光できる日数が少し長くなると今度はどこを観光しようか、モデルコースは?とあれこれ考える事も増えるのが悩みではないでしょうか。

また、レンタカーなどで移動するのであれば移動距離も長くなるので尚更。

そこで今回は北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?レンタカーでの観光もご紹介!

 

北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?

北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?レンタカーでの観光もご紹介!

レトロな街並や海鮮などで人気の函館がある道南エリア。

特に函館は函館の中心に人気の観光スポットが集中していたりもするので1泊・2泊あれば観光できたりもするでしょう。

しかし、折角の北海道なのでもう少しゆっくり色々観光したいと思った際はどうでしょうか?

そうなってくるとやはり2泊3日じゃ物足りないので3泊4日位が丁度いいかな?と思ったりもします。

3泊4日であればかなり自由度が高いので色々楽しめたりします。

ちなみに日程が3泊4日でレンタカーなどのでの移動でなければ函館+他エリアでプランを立てた方がいいでしょう。

函館中心の観光であればレンタカーなしなら1泊2日・2泊3日でも十分観光できるからです。

それなら例えば初日・2日目の午前中に函館観光をし、昼から札幌に移動しても夕方に札幌に到着します。

それなら3日目・最終日に札幌・小樽観光ができたりするのでおすすめですね。

  • 1日目:函館観光
  • 2日目:函館観光(午後から移動)
  • 3日目:札幌観光
  • 4日目:小樽観光

レンタカーで移動するのであれば例えば函館の中心だけでなく、松前であったり大沼などもゆっくり観光できると思います。

3泊4日の日程であれば函館を拠点にしてこういった場所をゆっくり観光する方が私は特におすすめだと思います。

 

北海道道南モデルコースで3泊4日のレンタカーで観光は?

北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?レンタカーでの観光もご紹介!

レンタカーで観光するのであれば色々なモデルコースがあると思います。

また、期間が3泊4日であれば色々観光できたりもするでしょう。

そこで函館を拠点にした道南エリアで3泊4日のモデルコースをご紹介したいと思います。

1日目
12:50 函館空港
13:30
14:50 五稜郭公園(約1時間30分) 函館空港から約20分(ランチ時間込)
16:20
17:00 チェックイン
17:30 函館山(約1時間)
18:30
19:00 夕食

出発の地域によって到着時間が異なりますが、遅い時間の到着を想定しています。

まず、初日ですが空港までの移動時間を考えるとあまり長い時間観光などにという訳にはいかないですよね。

また、最終日についても帰りの飛行機の時間もあるので同じだと思います。

逆に、2日目・3日目は朝から観光にでれるので時間はたっぷりあるという状態となります。

そのため、初日・最終日は函館であったり空港近辺の観光にするという方が良いでしょう。

函館空港の直行便で朝一の到着便の目安ですが

  • 東京から8:35頃
  • 中部から12:40頃
  • 関西から12:50頃

上記となっています。

そこから預けていた荷物の受取であったりレンタカーの手配などがあるのでこの時間から30分・40分は考えておいた方がいいでしょう。

そういった点からも初日は観光する時間も短いという事やチェックインもあるので函館中心の観光にするのが良いと思います。

2日目
8:00 函館
8:40 トラピスト大修道院(約1時間30分)
10:20
10:30 サラキ岬(約20分)
10:50
11:15 道の駅 しりうち(約30分)
11:45
12:15 白神岬(約20分)
12:35
12:45 道の駅 北前船 松前(約1時間) ランチ時間込
13:45
13:50 松前城(約1時間)
14:50
15:50 道の駅 上ノ国もんじゅ(約30分)
16:10
16:25 開陽丸記念館(約30分)
16:55
18:25 函館

2日目ですが、空港からの移動などの時間がないので朝から観光に行くことが可能なので少し函館の中心から離れた場所の観光に行くというのが良いかもしれませんね。

そこでおすすめの場所1つが函館から西にある『松前』方面です。

松前と言えば『松前漬け』が有名な場所ですが、松前城などは桜の名所としても人気の場所でもあります。

また、函館の中心から車で約2時間程度とそこまで遠いという事もないのも特徴だったりします。

そして途中にも見所の場所も色々ありトラピストクッキーやトラピストバターなどのでも有名なトラピスト大修道院。

真っ直ぐな上り坂の先には日本初の男性修道院と歴史のある建物はここでしか見られない景色。

次にサラキ岬ですが、松前に向かう途中にあるのでついでに立ち寄るにも最適。

ここには咸臨丸終焉の地という事もありレプリカが展示されていたりもします。

ドライブと言えばやはりよく立ち寄るスポットとしては道の駅ではないでしょうか。

途中の『道の駅しりうち』では新幹線展望塔があり、北海道新幹線の線路の側。

時間が合えば北海道新幹線が見えるかもしれませんね。

そして白神岬ですが、ここは北海道最南端の岬となっています。

天気が良い日は津軽海峡を挟んで青森まで見えると思います。

そして松前に到着した頃にはお昼になっていると思いますのでランチをどうしようか?と思いますよね。

おすすめのお店は沢山ありますがその中の1つに『道の駅 北前船 松前』があります。

道の駅ではありますが、この道の駅は海岸線沿いにありテラス席では津軽海峡が一望できるロケーションが抜群の道の駅。

また、食事についてうみかぜ食堂(北前食堂)では海鮮メニューも豊富だったりもします。

マグロも注目ですが、なんといっても数量限定の『松前岩のり段重』は特に注目だったりします。

こちらは以前『マツコの知らない世界』でも取り上げられ、マツコさんが絶賛していた程の1品。

昼食後は松前公園などを観光し、帰りは来た道をそのまま引き返すといいうのも良いですがここまで来たら日本海側からぐるっと回るのも良いと思います。

3日目
8:30 函館
9:10 大沼国定公園(約2時間00分)
11:10
11:35 道の駅 しかべ間歇泉公園(約40分)
12:15
13:15 恵山岬灯台公園(約30分)
13:45
13:50 水無海浜温泉(約20分)
14:10
14:30 道の駅 なとわ・えさん(約30分)
15:00
15:20 汐首岬(約15分)
15:35
16:10 函館

次に3日目ですが、先日は松前などがある西側を観光したので東側観光するのが良いのではないでしょうか。

まず、大沼国定公園ですが、新日本三景の1カ所となっているとても綺麗な国定公園だったりもします。

綺麗な湖から見る北海道駒ヶ岳の姿はとても綺麗なのでゆっくり散策したり、レンタサイクルなどで楽しむと言うのも良いかと思います。

また、大沼公園では『大沼だんご』を楽しめるお店があるのでここに来たら是非味わって頂きたい1品でもあります。

この『大沼だんご』美味しいのですが賞味期限があまりにも短いのでお土産にはあまり向かないという特徴があったりします。

また、最近は『ゴールデンカムイ』でも登場しているので知っている方も多いグルメの1つではないでしょうか。

日本三景 新日本三景
天橋立(京都府) 三保松原(静岡県)
宮島(広島県) 耶馬渓(大分県)
松島(宮城県) 大沼国定公園(北海道)

 

大沼国定公園を散策しているとお昼頃になるかと思いますので次はランチはどうしようか?と思う時間だと思います。

大沼公園から少し北北西に行った場所に『レストラン ケルン』というレストランがあり、ここの洋食はなまら美味しいと評判のお店で特にハンバーグなどが絶品。

海鮮などが食べたいという場合であれば次の目的地『道の駅 しかべ間歇泉公園』まで行き、そこでランチも良いかと思います。

この道の駅のある鹿部町は『たらこ』が特産品。

道の駅にある浜のかあさん食堂ではたらこが1本どーんと乗った『プレミアムたらこ御膳』などが味わえたりします。

またこの道の駅では名前に『間歇泉(かんけつせん)』とついているだけあって温泉が噴き出す様子を見ることができたりもします。

温泉という事もあって足湯があったり、売店で卵など様々な食材を購入して温泉で蒸し料理を作る事もできたりする道の駅となっています。

道の駅で温泉を楽しんだ後は海岸線沿いを南下し、恵山岬灯台公園に向かうのが良いでしょう。

地図でいうとは北海道の南の端でも一番東側(右側)にある部分ですね。

とても静かな公園になっているのでゆっくり景色を見るのにも最適な穴場の1つではないでしょうか。

恵山岬灯台公園から少し南にいった場所には天然の温泉『水無海浜温泉』があったりします。

ここは海から温泉が湧き出ているという少し変わった温泉となっているので干潮の時間帯しか入る事ができなかったりします。

また、自然の温泉が湧き出ている場所でもあるので温度はマチマチだったりします。

そして何より最重要な点は入浴するのであれば『水着持参』はした方が良いというより必須かもしれません。

しかし、温泉好きな方であれば立ち寄りたいスポットだと思います。

4日目
7:00 函館
7:30 函館朝市(約1時間30分)
9:00
9:30 ベイエリア
10:30
10:50 トラピスチヌ修道院(約1時間30分)
11:20
11:30 函館空港
13:50

最終日ですが、飛行機の時間もある事からやはり控えめにしておいた方が良いかと思います。

また、関西の直行便であれば13:50発の便となるので少なくとも13時には空港に居た方がいいのではないでしょうか。

ベイエリアですが1時間と少し短めな感じもしますが初日であったり3日目に余裕があれば少し観光する事もできると思います。

その事から少し短めでも大丈夫ではないでしょうか。

また、2日目・3日目の予定は天気によって入れ替える事も可能ですので天気の良い方の日に大沼方面に行くのが良いですね。

また、初日の函館山の夜景についても3日目の予定に組み込む事もできるので天気次第である程度調整できるモデルコースだと思います。

 

まとめ

北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?レンタカーでの観光もご紹介!

今回は北海道道南モデルコースで3泊4日のおすすめは?レンタカーでの観光もご紹介させて頂きました。

北海道には人気のエリアが沢山ありますが、道南エリアはやはり函館があるので人気のエリアではないでしょうか。

函館の観光だけであればレンタカーがなくても観光しやすい特徴もありますし、1泊2日や2泊3日でも十分楽しめると思います。

しかし、3泊4日であればレンタカー移動にすつ方が少し遠方まで観光できるのでおすすめかなと思います。

今回モデルコースにはいれていませんが道南には他にも数多くの注目のスポットがあったりします。

例えば、松前から江差経由で函館に戻るという場合ですが、江差から少し北にいった所には東洋のグランドキャニオンとも呼ばれる『シラフラ』があったりします。

大沼公園から北に森町・八雲町と移動すると『ハーベスター八雲』というレストランがあったりします。

こちらは以前はケンタッキーフライドチキンの試験農場があった場所だった事もあってフライドチキンやパスタやピザなどが楽しめたりします。

他にも魅力の多い場所も多いのでゆっくり観光するなら3泊4日位がおすすめかもしれません。

北海道の道南に観光に行こうと思った際には参考にしてみて下さい。

※感染症対策により営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。

2023年北海道ふるさと納税のおすすめは?
Pocket

2023年も残りだんだん少なくなってきましたね。

そんな2023年ですが、年末につれて多くのイベントなど色々あったりしますよね。

そんな中、あまり嬉しくないイベントといれば年末にかけての『年末調整』であったり、年明けに控えている『確定申告』などの税金面のイベントではないでしょうか。

こういったイベントって正直面倒だったりしますよね。

おまけに面倒な事を済ませて、翌年になって給与明細を見ると住民税等の税金が結構高いなぁと思うこともあったり。

そんな明細を見てるとちょっとガッカリしてしまいますしもうちょっと税金が安ければなぁと思うことも。

しかし、そんな税金面で少しお得になる方法もあったりします。

それが『ふるさと納税』です。

税金の使用用途を選べたりなど色々特徴があったりしますが最大の特徴は応援した地域の特産品などの返礼品をもらえるという点ではないでしょうか。

この返礼品ですが控除上限額内であれば実質2,000円で各地の美味しい物などの返礼品をもらえるという事もあって年々利用者も増えていたりします。

全国各地に美味しい物など魅力的な物が沢山ありますが、その中でもやはり注目はグルメの宝庫でもある北海道。

納付できる自治体も多く、また美味しい物が多いので特に注目だったりもします。

北海道と言えば『カニ』『ホタテ』『鮭』『ウニ』『いくら』などの海鮮を始め『牛肉』であったり『スイーツ』などなど実に豊富ですよね。

実際にスーパーなどで購入するとちょっとお値段が・・・。

そういった場合でもこのふるさと納税の返礼品であればお得に楽しむ事もでき、税金も安くなるとまさに一石二鳥ではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、沢山のサイトなどで行う事ができますので実際に見たこともあるという方もいるのではないでしょうか。

そんな中で特におすすめなのが『さとふる』です。

『さとふる』と言えば『お笑い芸人の東京03さん』や『女優の麻生久美子』さんがCMをしている会社ですね。

この『さとふる』ですが、まず取り扱いの自治体・返礼品の数が多いという特徴があります。

特に返礼品が目的というのであればやはり返礼品の数が多くなければ候補を探すのも大変だったりしますよね。

次に手続きなどの方法がわかりやすいという点があります。

毎年されている方であれば手続きについて慣れているかもしれませんが、初めてするという方は色々不安だったりしますよね。

しかし、『さとふる』では手続きなどの説明にイラストが多めでとてもわかりやすくなっていたりします。

また、控除シミュレーション&早見表があるので自分の控除限度額もわかりやすくなっています。

また、アプリから申請するこもできるのもおすすめのポイントの1つ。

また、今ならさとふるアプリで寄付をするとPayPayポイントが必ずもらえるキャンペーンが実施されています。

条件によって変わってきますが、寄付金額の最大20%PayPayポイントが付与されます。

税金も安くなり、お得な返礼品をもらえてさらにPayPayポイントまでもらえるのは破格ではないでしょうか。

また、手続きが楽なワンストップ特例は1月10日必着となっています。

期限も残りわずかですが、今ならまだワンストップ特例にも間に合うのでお早めに!

\寄付金額の最大20%PayPayポイント/

 >>さとふるで申し込む<<

error: Content is protected !!