苫小牧

とまこまい港まつり2022花火大会で穴場の場所どこ?場所取りは何時からがおすすめか徹底調査!

苫小牧港まつり2022花火大会の穴場場所どこ?場所取りは何時からがおすすめか徹底調査!
Pocket

全国各地で暑い日が続きで夏になりました。

そして様々なイベントなどが開催されていますね。

特に2022年は昨年までと異なり数年降りの開催というイベントが多く、どこも多くの人で賑わっています。

もちろん、それは北海道内でも同じで色々なイベントが開催され賑わっていました。

そんなイベントの中でもやはり夏と言えば注目は花火大会ですよね。

色々な所で花火大会が行われたり、これから予定されていたりもします。

そんな花火大会ですが、北海道内でも人気の花火大会はいくつもあります。

その中の1つに「とまこまい港まつりの花火大会(道新納涼花火大会)があるのではないでしょうか。

苫小牧は札幌や室蘭などからもアクセスが良いという事もあって例年多くの人で賑わうお祭り。

そんなとまこまい港まつりの花火大会(道新納涼花火大会)ですが、実際に行って見ようと思った際に気になる点がいくつかありますよね。

その中でどこから見るかというのもあると思います。

定番のスポットから見るか、それとも穴場の場所がどこかなど気になります。

また、会場などの良い場所で見ようと思った際には場所取りであったり、何時から行くのがおすすめだったりなども気になったりも。

そこで今回はとまこまい港まつり2022花火大会で穴場の場所どこ?場所取りは何時からがおすすめか徹底調査をご紹介したいと思います。

 

とまこまい港まつり2022花火大会で穴場の場所どこ?

花火大会に行こうと思った際にはどこから見ようかと考えていまいますよね。

会場であれば一番間近に見る花火を見る事ができて迫力は満点。

しかし、その分多くの人が訪れるのでどうしても混雑してしましがち。

それなら、少し離れていても穴場スポットの様な所でゆっくり花火を鑑賞したいという方もいるのではないでしょうか。

そこで苫小牧港まつりの花火大会の(道新納涼花火大会)穴場スポットをいくつかご紹介したいと思います。

 

南3号公園

まずご紹介するのが『南3号公園』です。

こちらは会場から北東に少し行った所にある公園となっています。

こちらの公園ですが、台数は少なめですが西側に駐車場があり、当日交通規制の対象からはギリギリ外れると思われます。

その為、車で行く事が出来るかと。

また、公園という事もあり、ベンチなどがあるというのも便利ではないでしょうか。

そして、そこまで高くはありませんが、公園自体は少し盛り上がった所となっているので花火を見るのにも見やすい穴場だと思います。

会場から微妙に近いという点が逆に穴場かも。

南3号公園
住所 北海道苫小牧市汐見町1丁目1
打上げ場所まで 約1,300m

 

入船公園

次にご紹介するのが『入船公園』です。

こちらは苫小牧港の独特の少し窪んだ所にある公園。

こちらの公園についても少しですが駐車場があったり、トイレなどの設備があるのが特徴となっています。

また、海沿いという事もあるので目の前は海で障害物もないので花火も見やすいのではないでしょうか。

そして、こちらは太平洋フェリーのフェリーターミナルの側となっています。

時間帯によってはフェリーを利用される方もおり混雑する可能性もあるのが注意かも。

しかし、穴場の1つと言えると思います。

入船公園
住所 北海道苫小牧市入船町1丁目2
打上げ場所まで 約2,200m

 

勇払前浜広場

次にご紹介する勇払前浜広場ですが、こちらは広場という名前ですが『海岸』をイメージする方が良いかも。

昼間などはちょっとした海遊びなども出来るスポットとなっています。

また、海岸という事もいう事もあるので肝心の花火も見る穴場ではないでしょうか。

近隣に駐車場はないので、車で行く場合は直接砂浜近くまで行く感じとなります。

駐車する位置だけは少し注意した方が良いかも。

しかし、夜の海岸という事もあってかなりの穴場ではないでしょうか?

勇払前浜広場
住所 北海道苫小牧市勇払
打上げ場所まで 約9,500m

 

勇払マリーナ

こちらは先にご紹介した勇払前浜広場のすぐ東にある間マリーナとなっています。

こちらはマリーナとなっていますので、道路はちゃんとしているというのが違いでは?

また、駐車場などもちゃんと整備されている違いもあります。

また、海沿いには公園があったりもするのでトイレやベンチなどがあるのも特徴となっています。

マリーナとなっていますので、利用者であったり立ち入りの禁止されている区域には注意ですが、穴場と言えるかも。

勇払前浜広場
住所 北海道苫小牧市勇払376
打上げ場所まで 約9,600m

 

苫小牧灯台

ここまでご紹介してきた穴場は花火の打上げ場所から見て東のスポットとなっています。

しかし、当日の風向きなどでは東側だと見にくい場合もあるかも。

そこで、花火の打上げ会場の西側で穴場のスポットが『苫小牧灯台』です。

まず、駐車場ですが駐車場としてではありませんが、灯台の横(北側)に数台は駐車するスペーがあると思います。

そして、肝心の花火ですが灯台をグルッと回り込めばすぐに海岸線となっています。

花火の打上げ会場からも直線にあたり、距離も3,600mとなっているので十分に見えるスポットではないでしょうか。

また、会場から少し距離があるという事もありますが利用できる道も多いので渋滞回避の観点からも穴場と言えると思います。

勇払前浜広場
住所 北海道苫小牧市有明町1丁目1-16
打上げ場所まで 約3,600m

 

元町中央公園

次にご紹介するのは『元町中央公園』です。

このスポットは会場から西に位置しており、海岸沿いにある公園となっています。

海岸沿いにあるので花火を見るの障害物がないので見やすいスポットではないでしょうか。

また、まつりの会場からも少し離れていますので渋滞なども比較的回避しやすいと思います。

しかし、ネックは駐車場が無いがその分穴場ではないでしょうか。

元町中央公園
住所 北海道苫小牧市元町2丁目1-11
打上げ場所まで 約2,300m

 

とまこまい港まつり2022花火大会の場所取りは何時からがおすすめ?

花火大会に行こうと思った際にはどこから見ようかというのはいつも悩んでしまいますよね。

会場に近いスポットであれば大迫力な花火を見る事ができたりもします。

しかし、そういったスポットはどうしても混雑してしまいがち。

良いスポットから見ようと思ったどうしても場所取りなどの事も気にしなければいけないかと。

しかし、花火大会によってはは『有料席』や『チケット制』というのもありますよね?

そういったののがあれば、それを利用すれば良いスポットから見るというのも比較的楽かも。

では、とまこまい港まつりの花火大会(道新納涼花火大会)ではそうった有料席などはあるのでしょうか?

ちなみに、とまこまい港まつりの花火大会(道新納涼花火大会)ではそういった有料席などはないそうです。

そうなると、やはり場所取りを考えなければいけませんね。

では、道新納涼花火大会で場所取りをするのであれば何時位からがおすすめなのでしょうか?

当日の天候などにも影響すると思いますが、場所取りをするのであれば16:00~16:30頃から良いのではないでしょうか。

まず、道新納涼花火大会の打上げ予定の時刻ですが19:30からの予定、近隣の交通規制の開始が1時間前の18:30からとなっています。

交通規制の時間がこの時間という事は実際に行く方の多くはチェックしていたりもしますよね?

そうなるとその交通規制の時間より早めに行こう、混雑してきたら渋滞の発生もあるだろうから早めにと考える方が多いと思います。

そう考えると道新納涼花火大会の会場周辺は17時頃には混雑してくるのではないかと推測されます。

道新納涼花火大会で場所取りをするのであれば混雑する時間帯より前でなければ難しいですよね。

そう考えるとやはり16:00~16:30頃がおすすめではないでしょうか。

打上げ時間の3時間程度前となるので時間はかなりあると思います。

道新納涼花火大会で場所取りをする際ですが、時間に関わらず熱中症対策などもしっかりするようにして下さいね。

 

まとめ

 

今回はとまこまい港まつり2022花火大会で穴場の場所どこ?場所取りは何時からがおすすめか徹底調査をご紹介させて頂きました。

2022年のとまこまい港まつり花火大会についても3年降りという事で楽しみにしていた方も多くいるのではないでしょうか。

例年、多くの方が訪れる花火大会でもありますので場所取りをしようと思う方は何時からがおすすめか参考にしてみて下さいね。

また、穴場のスポットについてはご紹介させて頂いたスポット以外にも沢山あると思います。

苫小牧は海岸線が一直線という様な感じの地形ですよね。

その為、海岸にでればある程度離れていても花火鑑賞ができるのではないでしょうか。

実際に行く際はそういったスポットを探してみるのも良いかも。

しかし、路上駐車であったり商業施設の駐車場の利用は迷惑になるのでやめて下さいね。

2022年の夏はとまこまい港まつりの花火大会(道新納涼花火大会)を楽しみに苫小牧に行ってみてはどうでしょうか。