観光

札幌よさこいソーラン祭り2022屋台いつからいつまで出店?営業時間は何時から何時まで?

札幌よさこいソーラン祭り2022屋台いつからいつまで出店?営業時間は何時から何時まで?
Pocket

春が過ぎ、最近は日に日に気温が高くなってきましたね。

そんな札幌ですが初夏の注目のイベントと言えばやはり『YOSAKOIソーラン祭り』ではないでしょうか。

そんなよさこいソーラン祭りでは多くの方が道内・道外から訪れ、2022年の今年は31回目の開催となっております。

もはや初夏の風物詩の1つと言えるのではないでしょうか。

そんな沢山の人が訪れるYOSAKOIソーラン祭りの注目の1つに『屋台』があると思います。

お祭りと言えばやはり屋台ですよね。

各地の美味しいグルメを楽しむことの出来る屋台は見逃せません。

そんな屋台ですが、祭りの期間はいつからいつまで出店いているのでしょうか?

また、営業時間は何時から何時まで営業しているのでしょうか。

そこで今回は、札幌よさこいソーラン祭り2022屋台いつからいつまで出店?営業時間は何時から何時までをご紹介したいと思います。

 

札幌よさこいソーラン祭り2022屋台いつからいつまで出店?

札幌の初夏の風物詩のよさこいソーラン祭りですが、注目の1つは『屋台』ですよね。

そんな屋台は何日から何日まで営業しているのでしょうか。

まず、札幌のよさこいソーラン祭りの期間ですが6月8日(水)から6月12日(日)の5日間となっています。

そして屋台の営業についても同様に6月8日(水)から6月12日(日)の5日間の予定となっています。

お祭の期間と言えば1日~2日が多い気がしますので、で5日間は少し長めという感じでしょうか。

しかし、期間が長いという事はそれだけ注目のお祭りという事かもしれませんね。

あまり集客のできないお祭りであれば期間は短かったり、会場が限られたりするのではなでしょうか。

よさこいソーラン祭りでは大通り公園を中心に『すすきの』であったり、『赤レンガ庁舎』であったり様々な場所で行なわれます。

常にイベントが開催されているという訳ではありませんが、あっちこっちで行なわれるのはやはりそれだけ大規模のお祭りだと言えると思います。

大規模になればやはり会場の費用や警備の費用など様々かかりますよね。

そう考えるとやはり集客が見込めないと大規模なお祭りは行なう事はできないと考えられます。

その事からも札幌よさこいソーラン祭りは人気・注目のイベントの1つと言えるのかもしれませんね。

 

札幌よさこいソーラン祭り2022屋台の場所は?

札幌のよさこいソーラン祭りですが、大通り公演をはじめ様々な場所で行なわれます。

では、屋台はどこで営業されているのでしょうか。

よさこいソーラン祭りの屋台ですが、大通公園西5丁目・6丁目となります。

2022年のYOSAKOIソーラン祭りの5丁目会場は『5丁目おまつり屋台村』、6丁目会場では『6丁目おまつり食堂』として予定されています。

会場の場所は丁度、大通り公園の中心部というイメージでしょうか。

札幌の駅からアクセスが良いというのも良いですね。

昨年・一昨年は中止となっていましたが、それ以前に開催されていた際の場所と同じようです。

 

札幌よさこいソーラン祭りの屋台の種類は?

お祭りなどで屋台を見るだけでも楽しくなってきますよね。

美味しそうなグルメも多く、何を食べようかと迷ってしまったりもします。

では、よさこいソーラン祭りではどういった屋台が出店しているのでしょうか。

前回行なわれた2019年では『焼き牡蠣』や『焼きホタテ』『カニ丼』や『いくら丼』などの海鮮メニュー。

他にも『ザンギ』、『あげいも』『いももち』北海道のソウルフード。

そして、大通り公園と言えば『とうきび』のワゴンですよね。

こういったメニューの他にも道内・道外から多くの美味しいグルメを楽しむ事ができる屋台が並んでいたそうです。

ちなみに、2022年のYOSAKOIソーラン祭りの5丁目会場は『5丁目おまつり屋台村』では『鉄板屋台』『おまつり屋台アラカルト』『5丁目酒場』などが予定されています。

鉄板屋台では鉄板料理を中⼼とした屋台が並び、おまつり屋台アラカルトでは北海道の食材を使ったグルメを。

5丁目酒場では北海道産のお酒等が楽しめる会場となっています。

そして、6丁目会場の『6丁目おまつり食堂』では道内だけではく、日本各地のグルメを楽しむ事ができる『全国・市町村うまいもん食堂』などで楽しめる会場となっています。

2022年の今年もこういったメニューを初め、様々なグルメを楽しむ事ができそうですね。

 

札幌よさこいソーラン祭り2022屋台の営業時間は何時から何時まで?

札幌のよさこいソーラン祭りの屋台ですが、期間と場所と他に気になるのは『営業時間』ではないでしょうか。

初詣などの屋台では深夜まで営業している場合もありますよね。

では、よさこいソーラン祭りの屋台の営業時間は何時から何時までなのでしょうか。

よさこいソーラン祭りの屋台の営業時間ですが、10:00~21:00となっています。

少し遅めの時間まで営業している様子ですね。

ちなみに遅い時間迄あるイベントというと2つ。

6月10日(金)に大通公園西8丁目会場で行なわれるソーランナイト。

6月12日(日)に大通公園西8丁目会場で行なわれるファイナルステージ。

これらが21:00までとなっています。

よさこいソーラン祭りのプログラムでは大体18:00頃にはイベントが終了している事が多いみたいです。

イベントが終わっていても屋台が営業していると屋台だけ楽しむという事もできるのでいいですね。

 

まとめ

今回は札幌よさこいソーラン祭り2022屋台いつからいつまで出店?営業時間は何時から何時までをご紹介させていただきました。

昨年・一昨年は残念ながら中止になってしまった札幌よさこいソーラン祭りでしたが2022年は開催されるという事で安心ですね。

それに、お祭りと言えばやはり屋台は欠かせないですね。

見ているだけでもとても楽しくなってしまいます。

いつもお祭りなどで屋台で何か買おうと思っていてもイベントの後にしようと思っていたらいつの間にか営業時間が終わっていたという事があったり。

混雑しているので別の日にしようかなと思って別の日にいったら出店期間は終わっていたりという事も。

その度に屋台っていつもいつからいつまでなのか、何時から何時まで営業しているのか気になったりしていました。

しかし、よさこいソーラン祭りの屋台ではイベント終了後でも楽しむ事もできそうですし、期間も少しあるのがいいですね。

良ければよさこいソーラン祭りに行ってみてはどうでしょうか。

※感染症対策により営業時間が変更になっている場合があります。

実際に行く際は事前に確認し、対策はしっかりして下さいね。