特産品

北海道でお土産のカニはどこで買うのがおすすめ?持ち帰りと送るのはどっちが良い?

北海道でお土産のカニはどこで買うのがおすすめ?持ち帰りと送るのはどっちが良い?
Pocket

北海道と言えばグルメの宝庫、美味しい物が沢山なありますね。

北海道に行ったら何を食べようか迷ってしまいますね。

そんな北海道グルメの中で外せないのはやはり新鮮な海鮮ではないでしょうか。

北海道の新鮮な海鮮でもまた美味しい物が沢山ありますがやはり人気なのカニではないでしょうか。

ズワイガニや毛ガニ、タラバガニや花咲ガニなど北海道では美味しいカニがありますよね。

美味しいカニを食べられる北海道なのでお土産にカニを買おうと思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、新鮮なカニをお土産で買うのであればどこで買うのがおすすめなのでしょうか?

やはり、生ものなのであまり長時間持ち歩くのは不安ですよね。

そうなると宅急便などで送る方が良いのか、それとも持ち帰りにするのとどっちが良いのか迷ったりしますよね。

そこで今回は北海道でお土産のカニはどこで買うのがおすすめ?持ち帰りと送るのはどっちが良い?をご紹介させて頂きます。

 

北海道でお土産のカニはどこで買うのがおすすめ?

北海道では美味しい新鮮な海鮮が沢山あり、その中でも人気の海鮮の1つと言えばやはりカニではないでしょうか。

カニの独特の風味と甘み、想像するだけでもお腹がすいてきそうです。

そんなカニですが、北海道でお土産で購入しようと思うとどこで購入するのがおすすめなのでしょうか。

そこで、いくつか蟹を購入するならおすすめの場所をご紹介したいと思います。

 

市場

まず、定番かもしれませんが蟹を買うなら北海道各所にある市場です。

一例ですが札幌をはじめこういった市場があります。

札幌 場外市場 北海道札幌市中央区北11条西21丁目
二条市場 北海道札幌市中央区南3条東1丁目
小樽 三角市場 北海道小樽市稲穂3丁目10-16
中央市場 北海道小樽市稲穂3丁目11-2
南樽市場 北海道小樽市新富町12-1
函館 函館朝市 北海道函館市若松町9-19
釧路 和商市場 北海道釧路市黒金町13丁目25

各所にある市場ではまず、新鮮なカニを取り扱いをしている店舗が多いという特徴があります。

その為、その日の新鮮なカニの有無であったりサイズや価格を他の店舗と比べやすいというメリットもあります。

また、初めは新鮮なカニを買おうと思っていても思った様なカニがなかったりした場合にも他の物に変更するといった融通も効きやすいですよね。

それに、北海道の海産はなにもカニだけではなく『鮭』『ホタテ』『ホッケ』『ウニ』など新鮮な海の幸など色々あります。

そういった新鮮な物も一緒に見る事ができるのがおすすめのポイントの1つ。

そして、観光ガイドの本などにもおすすめスポットなどで記載されている場所ばかりですよね。

例えば札幌にある札幌場外市場であったり二条市場なんかは特に有名ではないでしょうか。

札幌場外市場にしても二条市場にしても札幌駅から比較的近いという特徴があります。

札幌場外市場と二条市場どちらも人気の場所ではあります。

札幌場外市場の方が札幌駅から少し東にあるので二条市場より少し遠目の印象。

しかし、お店の数であったり規模は二条市場より大きいのではないでしょうか。

一方、二条市場は札幌場外市場に比べて札幌の中心に近いのでアクセスはこちらの方が良いかもしれません。

お店の数などは場外市場に比べて少し少なめかなという印象はあります。

どちらに共通しているのは『地方発送』に対応している店舗が多い点もおすすめのポイント。

札幌などは特に観光地、そんな札幌にある市場なので普段から観光客が多いですよね。

その事から地方発送などに対応している店がほとんどですし、対応にも慣れていると思います。

蟹を送る事も勿論できますが、蟹を持ち帰りたいという場合でも空港までのアクセスも良い場所が多いというのもおすすめのポイント。

そして営業時間の確認もしやすいというのもメリットではないでしょうか。

お店の人とのやりとりも楽しめるというのが各市場の特徴かと思います。

札幌以外にも小樽・函館・釧路などにも有名な市場があるので蟹を買うならおすすめですよ。

 

新千歳空港

次に蟹を買うならおすすめなのがこちらも定番かもしれませんが、新千歳空港です。

新千歳空港も各市場と同じで蟹を取扱いの店舗が多い特徴があります。

北海道本舗 総合土産店 港町市場
ぎょれん 釧路港市場
札幌市中央卸売市場水産仲卸札幌シーフーズ 島の人 新千歳空港店
佐藤水産 北海道 きたれん

新千歳空港内には主にこれらのお店でカニを取扱っています。

新千歳空港内はとてもお店が多いですが、蟹や海鮮などを取扱っている区画は北側に集中しています。

丁度ANAのカウンターがある側ですね。

お店が集中している事から色々蟹など見比べる事ができるのが最大のメリットではないでしょうか。

また、空港内なので蟹を持ち帰りするなら搭乗前の購入であれば保冷剤で十分保管できると思います。

蟹を送るという場合でも宅急便センターなどもあるのでどちらも選べます。

また、クレジットカードの利用できる店舗が多いというのも特徴ではないでしょうか。

メリットも多い様に感じますがデメリットもあります。

まず、価格ですが市場などに比べたら少し高いという場合があります。

しかし、出張などでお土産を買う時間がなかったりした場合には空港は便利なのでおすすめですよ。

 

北海道でお土産のカニは持ち帰りと送るのはどっちが良い?

北海道の味覚でも人気のカニ。

お土産に購入しようと思う方も多いと思います。

しかし、このカニですがそのまま持ち帰るのと送るのではどっちの方が良いのでしょうか。

お土産と言っても自宅で楽しむ『自宅用』と他の人に渡す『贈答用』と用途があると思います。

そして、カニについてですが自宅用・贈答用どちらにしても『送る』という方がおすすめです。

まず、重さです。

カニといっても色々種類があると思います。

例えば、毛ガニなら1杯300g~500g・600gはあると思いますし冷凍ボイルタラバガニ(脚)になると800g~1kg近くになると思います。

小さいサイズであったり量が少なければ保冷剤をいれてもそこまで重くなるという事はないと思います。

しかし、大きめのサイズであったり量が増えれば増える程当然ながら重たくなってきますよね。

そうなると、次に問題になるのは飛行機の手荷物の重さに関わってきます。

ANAやJALなどの航空会社であれば無料で預ける事ができる重さは少し余裕がある印象です。

しかし、LCCなどの航空会社であれば荷物を預けるのであれば有料だったりしますよね。

また、手荷物として機内に持ち込むにしても重さは考えなければなりません。

有料で荷物を預けるのであれば送る方が『楽』という事もありますし、鮮度についても気にしなくていいですよね。

そういった点からカニは送るという方が良いでしょう。

ちなみに、空港などから送る=送料がかかったりしますよね。

同じ送るというのであれば『お取り寄せ』をするという方法も実はおすすめだったりもします。

お取り寄せの場合、購入時に品物を直接見る事はできませんが『送料無料』といったお店があったりもしますよね。

他にもサイトなどによってはポイントが貯まったりする特典もあります。

空港などで購入して送るのであれば『お取り寄せ』にして送る方が実はかなりお得に場合もあるのでチェックしてみてはどうでしょうか。

 

まとめ

今回は北海道でお土産のカニはどこで買うのがおすすめ?持ち帰りと送るのはどっちが良い?をご紹介させて頂きました。

北海道では美味しい物が沢山あってお土産はいつも何を買うのがいいか迷ってしまいますよね。

その中でもやはりカニは人気で空港などでも購入している方を良く見かけます。

生ものなのでどこで買うか、持ち帰りと送るのはどっちが良いか悩んでしまいますよね。

ちなみに、私はカニは持ち帰りにする事はありません。

先にも記載しましたがやはり『重さ』がネックになるからです。

市場などではカニだけでなく、他の海産物もセットにしたおすすめセットのような物が売られてたりします。

そういう物であればカニ以外も楽しめますよね。

しかし、色々入っている分重たくなるので送料はかかりますが送るようにしています。

また、カニだけであれば『お取り寄せ』であったり『ふるさと納税の返礼品』などを利用する事も多いです。

そちらの方が送料がかからなかったり、税金が安くなったり、ポイントが貯まったりとメリットも多かったりもします。

良ければ北海道でカニをお土産に購入する際は参考にしてみて下さい。